カテゴリー別アーカイブ: 未分類

住宅ローン控除とはどんな制度なのか?

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、

ほとんどの方が初めての家づくりとなるかと思いますので、

この機会に是非頭の片隅に置いておいていただけたら・・・

 

家を建てるに際し、住宅ローンを借りると、

所得税と住民税から減免を受けることが出来ます。

 

これを『住宅ローン控除』と呼びますが、

具体的には、10年間に渡って、その年の年末(12月末)の借入残高(元金)の1%を上限として、

支払った所得税の還付が受けられたり、来年度支払う予定の住民税が減ったりする制度です。

 

今年家が完成して入居された方は、

年明けの2月中旬〜3月中旬の間に必要書類をそろえて、

税務署に確定申告に行っていただく必要があるのですが、

初年度のみ、その手続きをしていただくと、

その後9年間は、年末調整にて自動的に所得税が還付されるようになります。

 

こんにちは。

ティアラの佐野です。

 

今日は、お客さんからよく質問される

『住宅ローン控除を適用するにあたって単独名義と共有名義のどっちが得なのか?』

という内容についてお伝えしていきたいと思います。

 

例えば、、、あなたの年収が400万円で、奥さんの年収が200万円、

そしてお子さんが2人いると仮定し、ご主人の所得税を75,000円、

住民税を150,000円、奥さんの所得税を40,000円、

住民税を80,000円、借りた住宅ローンの金額を2500万円、

年末の借入残高を2450万円と設定した上で考えてみましょう。

 

そうすると、控除される上限額は245,000円(2450万円×1%)となります。

もし、これをご主人単独名義で借りたとしたらこうなります。

 

まず、ご主人が支払った所得税は全額還付されます。

でも、245,000円ー75,000円=170,000円が余ってしまうことになるので、

ここから来年度支払う予定である住民税から控除してくれるようになります。

 

ただ、住民税の控除最大額は135,000円と決まっているので、

135,000円分は控除してくれますが、

170,000円ー135,000円=35,000円が控除されずに終わってしまいます。

 

もちろん、借入残高は年々減っていくし、

おそらく収入も少しずつでも上がっていくでしょうから、

この控除しきれなかった35,000円は年々少なくなっていくので、

この場合、個人的には単独名義でも全然構わないと思うのですが、

もし、あなたがこの住宅ローン控除の恩恵を最大限に受けたいと思うなら、

働いて収入があり、所得税と住民税を支払っている奥さんにも、

少し持ち分をもってもらえばいいでしょう。

 

つまり共有持分にするというわけです。

例えば、ご主人の名義を5分の4、奥さんの名義を5分の1に設定したとします。

すると住宅ローンの割合は、ご主人が2000万円で奥さんが500万円ということになります。

 

そして借入残高を、ご主人が1960万円、奥さんが490万円と設定してみます。

こうなると、ご主人の方は、同じように所得税を全額還付されつつ、

住民税の控除を全額受けることが出来るようになります。

(196,000円ー75,000円=121,000円<135,000円(住民税最大控除枠))

 

さらに、奥さんも所得税が全額還付されることになりますし、

住民税からも49,000円ー40,000円=9,000円が控除されることになり、

結果、控除されるべき最大枠を全て使い切ることが出来るようになります。

 

ただし、この制度を適用するためには、当たり前ですが、

収入を得て所得税と住民税を支払っていることが絶対条件となるので、

10年間奥さんも働き続けないと、わざわざこうした意味がなくなってしまいます。

 

ですから、今後出産予定があり仕事を辞めてしまうようであったり、

育休に入り給料が減ってしまうようであれば

あまりこの方法はオススメ出来ないので、

もし、そんな予定がある場合はよく考えてどうするかを決めるべきです。

 

ということで、これから家を建てようとお考えのあなたは、

こういったことも考えつつ、家づくりをしていただければと思います。

 

まずは、ご自身の支払っている所得税と住民税の額を把握するようにしてください。

それを考慮した上で資金計画や家づくりの計画を立てると、

より将来に対する不安も払拭されるようにもなると思いますよ。

 

それでは、、、

,

年末年始休業のお知らせ

こんにちは。ティアラの戸塚です

早いもので今年も残すところ4日となりました。

本年中は大変お世話になりありがとうございました。

来年も宜しくお願い致します。

~酉年から戌年へ~

今年は皆様にとってどんな1年だったでしょうか

良い年だった方は引き続き

そうでなかった方は切り替えて

参りましょう!

さてティアラでは下記の通りお休みさせて頂くこととなりました。

平成29年12月29日(金)~平成30年1月6日(土)

(休業期間内でも携帯電話は繋がるよう心掛けております)

ご迷惑をお掛け致しますが宜しくお願い致します。

良い年をお迎えください。

スタッフ一同

社長の独り言 (※最後までご覧ください)

こんにちは、ティアラの佐野です。

わたしはティアラホームスタイルの代表を努めております。

今日は、そんな私の日常の一部をお伝えしたいと思います。

わたしの仕事の一つが、業者や大工さんとの打ち合わせ。
そのため、朝イチで現場に行くこともしばしば。
このごろは石川が「ブログのネタを!」と要求するため、スマホでの撮影が欠かせない。

最近すぐに充電がなくなるスマホも、電池を交換したことでかなり使い勝手が良くなった。

さて、このブログの中でも何度か話題になっているが、わたしは家づくりの講師として、月に数回ほど出掛ける。

時には移動時間が長くてツライこともあるが、わたしの家づくりの姿勢や活動が認められたことをうれしく思う。

先日、よく利用する駅でふと見上げるととても面白いものが目に入ったので、すぐにスタッフに送った。

いつもネタに飢えている石川だから、とても喜ぶと思う。
それにしても、ティアラ口の先には何があるのだろうか。

……
……

こんにちは、ティアラの石川です!

今日は社長になりきってブログを書いてみました。
ロマンスグレーの紳士のイメージで書いたのですが…想像力&文章力がなくてスミマセン!!

社長がこのブログを読んだら、これは絞首刑かも (+_+)
もし生きて帰れたら、またブログを更新したいと思います。
明日は待ちに待った業者の皆さんとの交流会!!
その日のうちにブログを更新することはできないかもしれませんが、なるべく早く書きたいと思います (^^)/

今、金利は史上最低だといわれていますね。

いや、もうそう言われて久しいです(笑)。

例えば今月のフラット35。

先月より少し上がりましたが、驚きの低金利である事に変わりありませんね。

なぜならば、今から6年前の金利。

3%近辺を推移しています。

実はこの時、35年固定が当たり前のように3%を切るということ自体、かなりセンセーショナルな出来事だったのですが、この翌年からは、もう2%台を当然のごとく推移して、今がチャンスとばかりにフラット35を利用する人は増え、当社でも多くのお客様にオススメし、ご利用いただきました(^^)

ところが、現在の金利を改めて見てみると、

最近、少し上昇傾向にありますが、一番低かった2月は、驚きの1.37%という金利を叩き出しました( ´ ▽ ` )ノ

もはや半分です(^^;;

一昔前の変動並みのスコアですね!

この事からも、今が史上最低の金利時代であることを分かっていただけると思います。

でも、この低金利を実現しているのは何なのか?

みなさんは考えたことありますか?

また、いつまでもこの低金利なのでしょうか?

住宅ローンを利用してマイホームを購入される方のほとんどが、35年という返済期間を選択されます。

例えば、家づくりをされる方の中には、子育て世代の方がたくさんおりますが、このような方の場合、この返済期間中には、お子様に様々なライフイベントが待っており、その都度その都度、必要なお金もたくさんかかります。

だからこそ、この返済期間に最もお得で安心な賢い住宅ローン選びをする必要があるのですが、そのためには「この低金利を実現しているのは何なのか?」「それはいつまで続くのか?」、最低でもこの2つは理解したうえで住宅ローンを選ばなければいけません。

我が国は、1,700兆円の国民の預貯金の内、1,000兆円を食いつぶしてしまいました。

マイホームを手に入れて、家族と共に豊かで幸せな生活を紡いでいくためには、今こそ自らの家族の未来に真剣に向き合う必要があります!

そして、もしそれが年を追うごとに返済が楽になる計画に行き着くとしたら、あなたはどう思いますか?

お問い合わせはこちらから→

何よりも賢い住宅ローン選びを目指す方は、こちらをクリックして今すぐご相談を!!

もちろんしつこい営業は一切なしです(^^)

お気軽にご相談ください( ´ ▽ ` )ノ

 

消費税が上がって建て時は過ぎたってほんと?

こんにちは、ティアラの佐野です。

やはり今月もフラット35が史上最低金利を更新しました!
( ´ ▽ ` )ノ

何と、1.61%!

35年間の固定金利1.61%で、住宅ローンが組めてしまうのです!

う~ん、スゴイっ!

先月は1.65%だったので、土地と建物で3,000万円借りた場合、どれくらい返済額に違いが出るかというと、月々の返済で595円のマイナス。総返済額では、249,900円のマイナスです。

また、たった3ヶ月前の今年8月の金利1.69%で比較してみると、月々の返済で1,192円、総返済額では500,640円のマイナスです!

スゴくないですか?
だって、何にもしなくても、返済が終わった時に50万円も皆さんのお財布に残るわけですから!
♪( ´▽`)

そこで今日のテーマ。

消費税が8%に上がってしまった今、建て時は過ぎてしまったって思われている人が多くいますが、これって本当でしょうか?
ちなみに昨年のフラット35で一番金利が高かった8月の2.05%と今月の金利で返済額を比較してみると、月々の返済で6,670円のマイナス。総返済額では

2,801,400円のマイナス

です!

そこで3,000万円の借り入れの内、2,000万円の建物を建てたとして、消費税は5%の去年と比べてみて8%の今年は60万円のプラスとなりますが、低金利によって生まれたマージンによって、消費税が8%に上がった今月の方が、トータルで220万円もお得に家を建てることができるのです。
しかも、去年はなかった住宅給付金30万円をプラスすると、何と250万円もお得
(;゜0゜)
さらに人によっては住宅ローン減税の拡充でお得感は止まりません(笑)!
((((◎◇◎;))))
このように消費税が5%から8%になって、もう建て時が過ぎてしまったと思っている方が多くいるようですが、実はそれが大きな勘違いであることが良くわかっていただけたと思います。
そう、住宅は

今が過去最高の建て時

なんです!

この史上最低金利の追い風を利用して、太陽光発電の全量買い取り制度の優遇も利用すれば、数年後には実現不可能な最高の住宅計画を立てることができます。

しかし、その太陽光発電の全量買い取り制度の申し込み期限終了も迫っています。

ティアラが以前から提唱している

「家づくりとは正に人生設計そのもの」

人生設計に大きく関わる家づくりを、今真剣に考えている皆さん、是非ティアラの家づくりスクールにご参加ください。

ご参加いただいた方には、返済期間中の家計の収支や貯蓄の推移をご覧いただき、お金のかかる子育て期間とローンの返済を如何に両立させるのか、その方法を知ることができます。

詳しい内容&ご質問は、家づくりスクールにてお答えいたしますね。

皆さまのご参加をお待ちしております。

あ!ちなみに土地には消費税はかかりません。ご存知ない方がいますので念のため。

ではまた。( ´ ▽ ` )ノ

家づくりスクールはこちらから→