デザインで"-"を"+"に!クールなエレガントハウス

商品名:TIARA・プレミアムSTYLE De'HAUS Moderno
施工地域:東京都 S様邸
家族構成:ご夫婦+長男

Concept

お施主様のS様との出会いはホームページを見てお問合せを頂いたところから始まりました。
S様がご購入された土地は、南向き6メートル道路、商業地域という住宅建築には自由度の高い土地でした。
当社としても、間口4.5メートル、22.13坪の狭小地の一見”マイナス”と思われる土地の個性を、いかに”プラス”に転換して質の高いデザイン住宅を設計するかに力を入れました。

そこで当社が大切にした事は3つ。
敷地の個性を活かす事。弱くなりがちな細長い建物に十分な耐震性を持たせる事。そして暮しやすさを犠牲にしない質の高いデザイン性を実現する事。でした。

そして家づくりで誰もが一番重要と感じる建築資金。家づくりにかかる費用は、土地代や建築費だけではありません。住宅ローンや諸費用・引っ越し代金など、さまざまな出費が考えられます。
長く生活していく上でかかってくる、「住居費」「教育費」「老後費」も無視できません。

そこで活躍したのが、当社が開発した資金計画システム”未来家計簿”でした。
S様も未来家計簿をご覧になったことで、計画されていた予算でもお子様の学費を捻出しながら住宅ローンを返済していけることを、そして家族で楽しむ旅行やレジャーにも行けることを知り、安心して家づくりを進める事ができました。

House Infomation

一階にはガレージと『できる限り広く』という要望にお応えした玄関。
スケルトンの鉄骨階段が玄関の視覚的な広さを運び、間接照明を使うことでスタイリッシュでありながらも、優しくあたたかな雰囲気に仕上がりました。
三階に配置したLDKは、日差しと風をたっぷり取り込むため大きなバルコニーを併設。
バルコニーは、LDKの床の高さと同じ高さでウッドデッキが張られた、多目的アウターリビングになっております。そこは、窓を開け放てばLDKと繋がり、友人を呼んでホームパーティーを楽しめる空間となりまた。アウターリビングでバーベキューをやりながら室内でくつろげる、お施主様理想の憩いの場が完成しました。

奥様こだわりのステンレス製のデザインキッチンは高さ950mm、幅1150mm、高さ3050mmの超大型オープンキッチン。
機能性も高く、横には調理器具や調理家電を隠せる収納も用意しました。
吊り天井と床のタイルが穏やかに空間の役割を分けながら、シックで落ち着きのあるバーのような空間を創り出しました。
S様の仕事仲間が来られて、軽くお家でお酒を飲まれるシーンなどでも広々お使いになっておられます。

4.5畳の和室には、間接照明が施された吊り天井、Rを利かせた造作壁、玉砂利とタイル壁の床の間からなり、当社のアイデアもたっぷり詰め込まれ、『空間で癒されたい』というS様のご要望にお応えした優しい光で満たされる空間になりました。
また寝室は、ベットで横になった時に睡眠の妨げにならない様、光源が目に入らない工夫を施しました。

そしてS様のお住まいの目の前は通勤・通学している人など人通りが多く、設計ではプライバシー、防犯にも力を入れました。
2階、3階に架けられた格子は光と風を内部へと招きながら、プライバシーが外へこぼれるのを防いでいます。

デザイン性、機能性、防犯性、そしてご家族の過ごしやすさを大切にし、S様のお住まいは完成しました。

商品名:TIARA・プレミアムSTYLE De’HAUS Moderno
施工地域:東京都 S様邸
家族構成:ご夫婦+長男

Facade

2階、3階に渡された格子が光と風を内部へと招きながら、 プライバシーが外にこぼれるのを防ぐ

Facade

Facade

Stairs

Stairs

Dining

光と風を確保するため、また下の階では耐力壁で空間が区切られてしまうため、LDKを3階へ。ラグジュアリー感漂う空間には、天井を高くし、曲線を採り入れ、奥行き方向への視線を和らげるなど、広さを感じさせる工夫がちりばめられている

Dining

オーディオボード、飾り棚などは雰囲気に合わせて造作。天井のRに埋め込まれた間接照明が、夜のひとときをほっとするものに

Riving

Kitchen

キッチンは憧れのTOYO製。横には中身を隠せる収納を用意

Kitchen

吊り天井と床のタイルが穏やかに空間の役割を分けながら、バーのような雰囲気をつくりだす

Wash Space

Master Bedroom

寝室はベッドに横になったとき、光源が目にはいらないよう計画されている

Wash Space

洗面やトイレも手抜かりな し。洗練が行き届く

ティアラの建てる家

商品一覧