消費税が上がって建て時は過ぎたってほんと?

こんにちは、ティアラの佐野です。

やはり今月もフラット35が史上最低金利を更新しました!
( ´ ▽ ` )ノ

何と、1.61%!

35年間の固定金利1.61%で、住宅ローンが組めてしまうのです!

う~ん、スゴイっ!

先月は1.65%だったので、土地と建物で3,000万円借りた場合、どれくらい返済額に違いが出るかというと、月々の返済で595円のマイナス。総返済額では、249,900円のマイナスです。

また、たった3ヶ月前の今年8月の金利1.69%で比較してみると、月々の返済で1,192円、総返済額では500,640円のマイナスです!

スゴくないですか?
だって、何にもしなくても、返済が終わった時に50万円も皆さんのお財布に残るわけですから!
♪( ´▽`)

そこで今日のテーマ。

消費税が8%に上がってしまった今、建て時は過ぎてしまったって思われている人が多くいますが、これって本当でしょうか?
ちなみに昨年のフラット35で一番金利が高かった8月の2.05%と今月の金利で返済額を比較してみると、月々の返済で6,670円のマイナス。総返済額では

2,801,400円のマイナス

です!

そこで3,000万円の借り入れの内、2,000万円の建物を建てたとして、消費税は5%の去年と比べてみて8%の今年は60万円のプラスとなりますが、低金利によって生まれたマージンによって、消費税が8%に上がった今月の方が、トータルで220万円もお得に家を建てることができるのです。
しかも、去年はなかった住宅給付金30万円をプラスすると、何と250万円もお得
(;゜0゜)
さらに人によっては住宅ローン減税の拡充でお得感は止まりません(笑)!
((((◎◇◎;))))
このように消費税が5%から8%になって、もう建て時が過ぎてしまったと思っている方が多くいるようですが、実はそれが大きな勘違いであることが良くわかっていただけたと思います。
そう、住宅は

今が過去最高の建て時

なんです!

この史上最低金利の追い風を利用して、太陽光発電の全量買い取り制度の優遇も利用すれば、数年後には実現不可能な最高の住宅計画を立てることができます。

しかし、その太陽光発電の全量買い取り制度の申し込み期限終了も迫っています。

ティアラが以前から提唱している

「家づくりとは正に人生設計そのもの」

人生設計に大きく関わる家づくりを、今真剣に考えている皆さん、是非ティアラの家づくりスクールにご参加ください。

ご参加いただいた方には、返済期間中の家計の収支や貯蓄の推移をご覧いただき、お金のかかる子育て期間とローンの返済を如何に両立させるのか、その方法を知ることができます。

詳しい内容&ご質問は、家づくりスクールにてお答えいたしますね。

皆さまのご参加をお待ちしております。

あ!ちなみに土地には消費税はかかりません。ご存知ない方がいますので念のため。

ではまた。( ´ ▽ ` )ノ

家づくりスクールはこちらから→