資金計画の意味をしっかり理解していますか?

家づくりをする時には、

必ず資金計画から入るようにすべきなのですが、

その際に絶対に注意しておくべきことがあります。

 

それは、決して背伸びしたような計画、

つまり、建てた後の暮らしに支障が出るような

自分たちの身の丈に合ってない計画は、

絶対に行わないようにするということです。

 

たとえ住宅会社側が、

『○○さんの家の収入であればもっと大丈夫ですよ』とか、

『これぐらいが一般的(平均的)です』とか、

『みんなこれぐらいにしてもらっているので、もう少し増やしましょう』

という風に提案してきてもです。

 

また、「家づくり」で資金計画をしっかり行うことによって、家庭の収支を再確認でき、

無駄な出費を抑える意識づけに役立ったりもします。

おはようございます。

ティアラの佐野です。

 

相場がどうのとか、一般的な家づくりの予算がどうの

という話は隣に置きつつ、自分たちの家計の収支だけを考えて、

現実的な暮らしを描きつつ資金計画をした場合、

多くの方が、家づくりに費やせる予算というものは、

思っていた以上に少ないという現実を目の当たりにすることになります。

 

もし、あなたが土地を親から譲り受けたり、

親が土地を買ってくれたり、

土地をキャッシュで買えるぐらい貯金がたくさんあったり、

あるいは親からの援助がたくさんあったり、

収入がずば抜けて高かったり、

という方なのであれば、

資金計画の中身は大きく変わってくることになりますが、

そうじゃないとしたら・・・

 

つまり、土地も自分たちで住宅ローンで買って、

親からの援助も一切期待出来なくて、

貯金もそこそこ(諸経費がまかなえるぐらいで)、

収入も平均的だったとしたら、

より現実的に資金計画を行ない、

建てた後の生活と将来に負担が少なくなるような予算のもと

家づくりを進めるべきです。

 

そして、そのためには、

少し厳しいことをお伝えするようにはなりますが、

家づくりに対する思い込みや一般論、

それから『みんなと同じように』という気持ちを

消していただく必要があります。

 

例えば、土地探しではこういうことです。

通常、いい土地であると考えられている

日当たりが良さそうで、道路も広く、周囲の環境が良く、

土地の形も良くて、学校が近くて、買い物便利で、

という誰が見ても心トキメクような土地を買いたい…

と誰もが思うことでしょう。

 

でも、そんな土地は例外なく価格が高額に設定されているし、

相場的に見ても、割高な価格設定になっているはずです。

 

そして、もし土地に予算を使い過ぎてしまった場合、

確実にこれから計画する家にしわ寄せが来たり、

(間取りや広さ、材料や性能においてです)

あるいは、建てた後の暮らしに、

そのしわ寄せが来ることになってしまいます。

(オーバーローンによるカツカツで余裕のない生活です)

 

ですから、現実的に考えると、

そういった高額な土地は自ずと避けざる得なくなります。

 

では、どんな土地を探していくのか?と言うと、

あまり他のみんなが狙わないであろう土地を狙っていきます。

よくある例で言うと、形の悪い変形地や

日当たりがあまり良くなさそうな土地ですね。

 

その理由は、こういった土地というのは、

間違いなく相対的に見ても、

かなり安く価格設定がされているでしょうし、

また、そんな土地はなかなか売れないことから、

値段交渉も優位に進めやすく、

より安く土地購入をすることが出来るからなんですよね。

 

一見これらの土地はデメリットだらけのように

感じてしまうでしょうし、

デメリットと同じくらいメリットが存在したとしても、

実際のところ、普通の一般的な間取りしか考えられなかったとしたら、

デメリットばかりが目立ってしまう結果になってしまうことになるでしょう。

 

しかし、もしみんなが出来ないような発想で

間取りが提案出来るとしたら、

たとえそんな土地であったとしても、

より素晴らしい間取りが完成し、

よりプライバシーに優れ、より明るく、より心地よく暮らすことが出来て、

よりオシャレなデザインの家が出来上がったりするものなんですよね。

 

つまり、住宅会社側が、

その土地が持つ個性を活かすような提案さえ出来れば、

よりいい住まいづくりが実現可能になるということです。

これが注文住宅の本当の醍醐味です!

 

そのためには住宅会社側も、

常識的な思い込みや一般論、

そして誰でもすぐに考えつくような量産的な間取り思考、

といった考え方ばかりじゃなく、

常に新たな発想を生み出していくよう努力すべきなんですけどね。

 

もし、あなたがそんな家がどんななのかを見てみたい・・

そう思われたなら、一度弊社の住まいを見に来ていただければと思います。

世間の常識とは、少し掛け離れた、

でも『あれっ?こっちの方が全然住みやすそう!』

と感じていただける住まいに触れることができると思いますから。

 

それでは、

あなたからのご連絡心よりお待ちしております・・