外観からは想像もつかないお家

『この隣のお洒落なお家も○○さん(住宅会社)の建てたお家ですか?』

『いえ、隣のはうちじゃないんですが、こんな家はとっても暮らしにくいんでやめた方がいいですよ!』

少し前に小耳に挟んだ話ですが、

これは、とある住宅会社のベテラン営業マンが

弊社の家を見て質問されたお客さんと話した内容みたいです。

外に面した窓も少ないし、きっと室内は暗いんだろう。と思われるかもしれません。

そりゃあ、かなり長く住宅の仕事に携わっている方でさえも、

そんな家がどんな間取りなのか?が全く分からないわけですから、

これから家を建てようと思っている方が、

デザイン性に一際優れた家の中身がどうなっているのか?なんてことは

想像もつかないことでしょう。

 

おはようございます。ティアラの佐野です。

 

『デザイン性に優れた家=暮らしにくい』というイメージは、

多くの方が持ってらっしゃると思いますが、

弊社では、なにより暮らしやすさを一番に考えて設計をしています。

 

まずは、、、『プライバシー性』への配慮です。

例えば、間取りプランを考える場合、南側にはリビングをレイアウトし、

その南側には大きな窓を設置するのが一般的な設計です。

 

でも、その窓の向こうが道路だった場合、人目が気になってしまうので、

窓は完全に閉め切った状態になりますし、カーテンだって開けることすら出来ません。

 

そして、そうなれば風は一時的にしか通せませんし、

南からの直射日光だって自ら遮断してしまうことになり、

あまり大きな窓を取った意味がなくなってしまいます。

 

つまり、南に大きな窓をとることは、とても当たり前のようになっていますが、

必ずしもそれが正解ではないということなんですよね。

 

弊社では、その敷地に合わせて窓も含め設計の仕方が大きく異なります。

 

例えば、景観がとっても美しく視界を遮るようなものなく、

そして人目が気にならなさそうな土地の場合であれば、

リビングに大きな窓を設置することで大量の光をとりこみながら

同時に景色も楽しんでいただくようにしますが、

人目が気になって住みにくそうな土地の場合であれば、

窓の作り方に工夫をすることで、採光や通風を確保するようにします。

 

あくまで、そこで一番暮らしやすい間取りがどうなのか?を中心に

間取りプランを考えていくというわけです。

 

また、そのような設計をすることで、『防犯性』も格段にアップします。

 

多くの家がそうなのですが、どこにリビングがあり、和室があり、キッチンがあり、

そして洗面があり、お風呂があり、トイレがあり、階段があり、

寝室があり、子供部屋があり、というのが一目見れば手に取るように分かります。

 

さらに、窓の形状だって丁寧にセオリー通りにプランするので、

より一層それらを分かりやすくしています。

 

例えば、勝手口があれば、そこはかなり高い確率でキッチンがあると言った風にね。

こうなると、決して防犯性が良いというわけではありませんよね?

 

ですから、外から見ただけでは中がどうなっているのかが

全く分からないような設計をすることも、けっこう大切なことなんですよね。

 

また、常識にとらわれずに窓をつくるようにするだけでも、

外から中がずいぶん分かりにくくなるんですよね。

 

窓は風が採り込めて、光がたっぷり採り込めれば

その役割を充分果たしてくれるわけですからね。

その形状にこだわる理由なんて一切ありませんよね?

 

もちろん、動線にも、明るさにも、風通しにも、そして耐震性にも、断熱性にも、

たっぷり配慮した家であることは言うまでもないのですが、

ここでご説明すると長くなりそうなので、

ぜひ一度、弊社の住まいをご覧いただければと思います。

 

おそらく外から見た家の姿からは、

想像もつかないような家の中があなたを待っていると思います。

ぜひ、足を運んでいただき、その暮らしやすさとカッコ良さを

同時にご体感いただければと思います。

 

それでは、、、