不整形な土地を上手く利用した住まい

土地には様々な形があります。

長細い・三角・台形・旗竿地と様々です。

しかしこれらは、必ずしも欠点ではなく

その土地の「個性」と捉えられます。

人もそうでしょうが、土地だって「個性」を活かすことによって

何倍にも力を発揮してくれるものだと私は思っています。

 

単純な話ですが、家の面積が大きくなればなるほど、

それに比例して家の価格は高くなってしまいます。

ですから弊社では、

不必要である廊下をほぼゼロにするようにし、

面積とコストを抑えつつ部屋や収納を充分にとれるような

工夫を設計において施すようにしているのですが、

あるお施主様の住まいは、廊下がゼロながらも、ご主人の趣味スペースを1階に広々と

設けさせていただいたことから、少しばかり広めのお家となっています。

 

おはようございます。

ティアラの佐野です。

 

そうなれば、もちろん家にかかってくるコストが

高くなってくるわけなので、その代わりとしてお施主様には、

購入いただく土地の予算にシビアになっていただきました。

 

まず、最初にお会いさせていただいた時に、

お施主様はすでにたくさんの土地をご覧になっていたので、

資金計画から導き出した予算内に、

価格交渉も含めておさまるであろう価格の土地候補を

ピックアップしていただき、

その中で最も直感的に“ここなら住んでいいかな?”と思える

土地に絞っていただきました。

 

そこで選ばれたのが最終的にご購入された土地だったのですが、

お施主様は、2点ほど疑問を抱えておられました。

 

まず1つは、その土地は60坪あるのですが、

旗竿場の不整形な土地であることから、

お施主様にとっては、どうしても土地が狭く感じてしまい、

思っている家が建たないんじゃないか?

という不安というか疑問を抱えていたということです。

 

これに関しては、その土地を契約する前に、

その土地に合わせてプランをさせていただき、

理想の間取りが余裕で建てられることが分かったことで、

あっさりと解決出来ました。

(車だって並列で2台駐められますし、縦列なら4台駐めることも出来ます)

 

続いて2つ目の疑問ですが、

ホントに予算通りの価格で購入することが出来るのか?ということです。

 

その土地は、先程もお伝えしましたが、

旗竿場の不整形な土地だったため、

すでに近くで売られている土地よりも

3万円ほど坪単価が安く設定されていました。

 

しかし、さらにそこから坪単価を2万円ほど落としていただかなくては、

資金計画で導き出した土地予算には届かないという価格でした。

ですから、ここからさらに価格交渉をしていただきました。

これは仲介をしていただく不動産屋さんに頑張っていただくところですね。

 

結論としては、売主さんがとってもいい方だったこともあって、

無事交渉成立となり、予定通りの価格で購入することが出来、

最終的には、相場よりも300万円以上安く土地を購入することに

成功したのでした。

 

こうして、土地を購入し完成した住まいですが、

・靴にベビーカーに子供の自転車にと楽々収納出来る3帖の土間クローゼット

・廊下が全くない超効率的な間取り

・洗濯にかかる手間を大幅にカット出来る楽チン動線

・キッチン裏に設けた大型パントリーで片付け簡単&管理楽々

・小さな子供がいてもリビングをスッキリ保つことが出来る間取りの工夫

・リビングでいることが楽しくなるように施した3つのアイデア

・子供たちがお母さんの気配を感じながら縦横無尽に家の中を駆け回れる

親も子供も共に安心出来る空間づくり

などなど、参考になるアイデアが盛り沢山となっております!

 

 

ではでは、、