平屋を建てる際の2つの注意点

先日もお話しさせて頂いた通り、

最近、「平屋」をご検討される方が増えてきたわけですが、

今回は平屋を建てるうえで、注意していただきたい事を

お話させていただきます。

 

暮らしやすさと使いやすさに優れているという理由から、

弊社では可能な限り平屋を提案させていただいているわけですが、

 

とはいえ平屋を建てようと思うと、

どうしても2階建ての同じ面積の家と比べると坪単価は高くなり、

購入いただく土地の面積も広くしていただかなくてはいけなくなるので、

土地のコストアップまでしてしまう可能性だってあります。

 

さらに、ご存知の通り全ての部屋を1階にレイアウトするのが平屋なので、

設計が悪ければ、プライバシー性に驚くほど乏しかったり、

また、どこにどんな部屋があるのか一目瞭然で分かるような

間取りにしてしまった暁には、防犯性までも非常に低い家になってしまいます。

 

こんにちは。

ティアラの佐野です。

 

ということで、平屋を建てようするならば、

これからご説明させていただく2つのポイントに注意しつつ、

間取りを考えていくようにしなければいけません。

 

では、まず1点目ですが、、、

 

  • コストアップを防ぐためにムダを省き必要最小限の面積に抑える

です。2階建て住宅の最も不便なところは、

上下に部屋が分かれてしまうことです。

 

こうなると、子供は自分の部屋に荷物を持って行くのがめんどくさくなり、

結局おもちゃなどの荷物がリビングに散乱することになってしまいます。

また洗濯物をいちいち2階まで持って行くのも、

毎日となれば、かなりめんどくさくなってくるため、

やがてそれらは階段に置かれるようになってしまったり、

あるいはリビングやダイニング周辺に適当に置かれるようになってきます。

 

さらに、服だってわざわざ自分の部屋まで取りに行ったり、

片付けにいくのが、だんだんめんどくさくなってくるので、

いつの間にかダイニングの椅子がハンガー代わりになってしまうようになります。

 

これらを2階建住宅のままで防ごうと思うと、

1階に収納をたくさん作ることになり、そうなれば面積が大きくなり、

どんどんコストがかさんでくることになります。

そうなれば、ローンの負担が上がり後の生活がキツくなってしまいますし、

家の面積が大きくなればなるほど、

掃除の手間や維持管理だって相当大変になってくるようになります。

 

その点、平屋となれば、寝室にせよ子供部屋にせよ、

全て1階に存在するようになるので、

先程の2階建てのように余分に収納を増やさなくても、

自分の服や荷物を自分の部屋の収納に片付けられますし、

洗濯物を片付ける動線も短くなるので、

リビングやダイニングが汚くなりにくくなります。

 

ですから、平屋にすることは、

使いやすさとムダに面積を増やさなくても済むことから合理的なわけなのですが、

とはいえ、坪単価が高くなってしまうがゆえに、

さらにムダなスペースをカットしていく必要があるんですよね。

 

そのためには、寝室や子供部屋の配置を

上手く設計することが必要不可欠になってきます。

これらの部屋の配置が上手く出来れば、

2階に個室を配置した時のようなムダな廊下を、

全てカットすることが出来るようになります。

 

また、2階に個室を作ると2階にもトイレが必要になってきますが、

平屋となればそのトイレをカットすることが出来るようになるので、

これらを合わせると4帖ほどムダな面積をカットすることが出来ます。

 

しかも、2階の子供部屋や2階のトイレは、

間違いなく将来誰も使わなくなる部屋となるため、

その掃除や管理の手間も同時にカット出来ることにもなるんですよね。

 

さらに、平屋にすれば階段だってカットすることが出来ます。

(これは当たり前のことですが(笑))

となれば、2帖+2帖=4帖分面積をカットすることが出来るので、

先程の廊下&トイレの面積カットと合わせると、

トータル8帖(=4坪)もの面積をカットすることが出来るようになるんですよね。

 

そう考えると、たとえ平屋にしたとしても

それほど大幅にコストアップすることなく、

同じ部屋の広さと収納量を保ちつつ、

かつ、それらが全て1階にあるがゆえに使いやすさをアップさせつつ、

建てることが出来るようになるということが、

けっこうお分かりいただけたのではないでしょうか?

 

あっ、そうそう。

家の面積がカット出来れば、土地の面積だって

それに伴ってカットすることが出来るようになるんですよね。

 

多くの方が平屋を建てようと思うと、

70坪以上は土地の広さが必要だと思われているのですが、

実際のところは、55坪もあれば4人家族が、

充分ゆったり暮らしていただける平屋住宅を建てることが出来ます。

 

もちろん、先程ご説明したように、

ムダを限りなくカットし、

必要最小限の面積に抑えることが出来たらですけどね。

(普通のムダだらけのだだっ広い平屋なら70坪以上は必要だと思います)

 

ということで、平屋を建てるとしたら、

家にせよ土地にせよ、ムダにコストアップをさせないためにも、

まずはムダを省き面積を必要最小限に抑えるようにしましょう!

 

でも、それだけでは、

“暮らしやすさ”という点において、

大きく欠けているところがあるので、

もう一点注意しなければいけないポイントがあるんですよね・・・

それでは次回は、このもう1つのポイントについて

お伝えしていきたいと思います。

 

どうぞ次回もお楽しみにーーー!!!