2種類の資金計画

私にとって「家づくり」とは、今後の皆さんに

「より幸せな生活」をおくっていただく手段となるものをいいます。

皆さんが家づくりを考え始めた際、

「理想の家」「理想の家族」「理想の生活」などを思い浮かべていることでしょう。

また、その理想を叶えるために、日々検討されているのではないでしょうか?

しかし、大きなお金を使う「家づくり」は皆さんの生活に多大な影響を与えるものですから、

不安になってしまうこともあるでしょう。

そこで私から、皆さんへのアドバイスです。

 

土地探しからの家づくりで失敗しないためには、

“資金計画”が大切な要因になってきます。

 

とはいえ、“資金計画”と一言で言っても、

それには大きく分けて2種類の資金計画があります。

簡単に言うと、『良い資金計画』と『ダメな資金計画』です。

 

たとえ“資金計画”が行われていたとしても、

『ダメな資金計画』だったとしたら、それは全く意味がありません・・・

 

こんにちは。

ティアラの佐野です。

 

資金計画では大切なことが2つあります。

 

1つは“タイミング”で、もう1つは“内容”です。

 

多くの方が資金計画を、最初にしなければいけないということを知らないで家づくりをしてしまいます。

つまり、タイミングを間違えてしまっているというわけですね。

 

・土地に予算を使い過ぎて、肝心の家に予算が回せなくなってしまった・・・

・土地にも家にも予算をかけ過ぎてしまい、その負担が住宅ローンにのしかかり生活が苦しい・・・

・後からどんどん出てくる想定外の出費のために、貯金が底をついてしまった・・・

・家賃と土地の金利支払いが長い間ダブって生活がしんどかった・・・

・土地の決済を不動産屋さんから急かされ、大切な住宅会社選びや間取りプランをじっくり考える時間がなくなってしまった・・・

・土地と家をバラバラにすすめてしまったので、住宅ローン手続がややこしくなった・・・

・最初の住宅ローン選びを厳かにしてしまい、数年後に返済がさらに苦しくなってしまった・・・

 

では、1つの例を挙げてみましょう。

 

Aさんは、土地を買って家を建てるという計画でした。

土地に1000万円ぐらい、家を建てるのに2000万円ぐらい必要で、

ローンための経費や火災保険といった諸経費として100万円ぐらい、

結果トータル3100万円ぐらいが自分たちの予算だと考え、

家づくりをスタートさせました。

 

最初は住宅展示場やモデルハウスなどを回っていたのですが、

そこにいるスタッフの方と話をしていくについれて、

どうやら土地を先に決めないと、

具体的な相談に乗ってくれなさそうな空気感を感じ始めました。

 

そこで、一旦家を見て回るのはやめて、

先に土地を決めるべく希望のエリアで土地探しを始めました。

 

そして、ついに理想とする土地に出会いました。

しかし、その土地は新しく分譲された土地で、

しかも他にも多くの方が狙っている土地でした。

ですから、不動産屋さんに急かされるがままに、

このチャンスを逃すまいと、その場で契約をすることにしました。

これで、やっとゆっくりと住宅会社まわりに専念出来ると安心したAさんでした。

 

しかし、不動産屋さんからは、

1ヶ月後に全てのお金を支払ってくださいと伝えられました。

でも、Aさんはそんなに多額な自己資金を持っているわけではなかったので、

不動産屋さんにすすめられるがままに、提携している銀行に

とりあえず土地だけの住宅ローン申込みをしにいくことになりました。

 

こうなれば、早く家も決めないと、

今払っている家賃に加えて、土地を買った分の利息を、

銀行に毎月に支払っていかなくてはならなくなります。

 

それに加えて、思いもよらぬ事態が起こってしまいました。

それは、1000万円だと思っていた土地予算が、

ふたを開けてみると1200万円もかかってしまっていたことです。

つまり土地に予算を使い過ぎてしまっていたのです。

 

そのため、家の予算を当初よりも200万円圧縮せざるを得ませんでした。

しかし、自分たちが理想としている家を建てるためには、

1800万円では無理で、庭の工事まで含めると2200万円は必要だと、

全ての会社から言い伝えられてしまったのです。

 

この時点で400万円もの予算が簡単にオーバーしてしまっていました。

でも、夫婦で相談して、400万円なら頑張って働いて払っていける

という結論に至り、思い切って理想の家を建てる決意をしました。

 

しかし、さらに思いもよらぬ事態が待ち受けていました。

それは地盤改良の工事の判定がでてしまったことです。

これだけでもさらに100万円もの別途費用が必要だと言われました。

さらに、新しい家具や家電を購入しようと思えば、

手持ちの貯金をすっからかんにするしか方法がなくなってしまったということです。

 

結局、理想の土地で理想の家が無事完成したものの、

夫婦の手持ちの貯金は実質0円となり、

しかも住宅ローンの支払いは、3年固定の金利でありながら、

毎月、想定していたよりも1万円も多くなってしまっていました。

 

こうなってしまった場合、後に待っているのは・・・

ですよね?

金銭的にも気持的にも余裕(ゆとり)のない苦しい生活ですよね。

これでは、決して幸せだとは言えませんよね?

 

ですから、このような結果にならないためにも、

家づくりでは、必ず最初に『資金計画』をするようにしてください。

このタイミングで行う資金計画が間違いなくベストな計画ですからね。

 

間違えないように注意してください。

それでは、、、