多くの方が知ることすらない家事の負担を軽減出来る間取りの作り方

 

私たち男にとってはあまり馴染みのないことかもしれませんが、

毎日、子育てに奮闘されながら、

お仕事をされながら、

家事をこなされている。

そんな忙しい女性にとっては大事な事。

それは、

「家事動線」です。

 

今では、どこの住宅会社でも必ず目にする文言ですし、

すっかり住まいづくりの定番と化してきた

『家事動線の良い間取りづくり』ですが、

果たして、その言葉は本当に額面通り受け取っても良い文言なのでしょうか?

 

本当に、どこの住まいでも家事動線が良く、

掃除や洗濯の手間や負担が軽減出来ていて、

時間的にも気持的にもゆとりのある暮らしが出来ているのでしょうか?

 

もしあなたが、いくつかの家を見に行ったことがあるとしたら、

全ての住まいにおいて本当にそのように感じられたでしょうか?

こんにちは。

ティアラの佐野です。

 

なぜ、そのような疑問を投げかけるかというと、

現実的には、その文言を額面通り受け取るべきじゃない住まいが、

想像以上に多いと感じるからです。

 

収納については前回、前々回と、

2回に渡ってお伝えさせていてだいているので、

その記事をご確認いただければと思いますが、

動線においても、収納同様に疑問を感じることがかあるので、

今回はその点についてお伝えしたいと思います。

 

一般的に、家事動線が良い間取りというと、

『キッチンと洗面脱衣室が近くにあり、

それらを数歩で行き来出来る間取り』ですし、

現実的にこのような設計でプランしている家が数多く存在します。

 

確かに、この2つのスペースは離れているよりも

近いに越したことはないですし、

そう考えると、一見便利そうに感じる動線かもしれません。

 

しかし、もっとよ〜く現実的な暮らしを考えてみると、

もう1つこれには工夫が必要になってくるのではないでしょうか?

 

  • ケース1:洗濯物を2階のベランダに干しに行く

たとえキッチンと洗面が近くても、

実際に洗濯物を干しに行く所が遠いのでは、

全く意味がないと思いませんか?

水気を含んだ重たい荷物を持ち運ぶわけですから、

けっこう大変な作業だと思いませんか?

 

これでは、今住まれているアパートやマンションよりも

家事にかかる手間や負担は増えてしまうことなってしまいますよね?

将来、足腰が弱った時ものすごく困ることになってしまいますよね?

 

ましてや、せっかくお気に入りのデザインで建てた

マイホームの顔となる南側に、洗濯物を一日中ぶら下げているのでは、

生活感丸出しになってしまうし、全然カッコ良くないですよね・・・

しかも、洗濯物を見ただけで家族構成だって分かってしまうわけなので、

防犯性という面でも決して良いとは言えないですしね・・・

 

  • ケース2:キッチンや洗面にある勝手口から外に出てテラスに洗濯物を干す

これが、最も多いパターンですね。

この場合、先程の2階に干しに行くのと比較すると、

動線的には遥かに短くなるので、一見合理的に感じると思います。

 

ですが、この場合、

洗濯物を取込む作業に手間がかかることになりますよね?

洗濯物を取り込み置いておける場所まで、

キッチンや洗面を回り込んでいかなくてはいけない上に、

一回で洗濯物を取込めなかった場合、

勝手口を何回か往復することになるでしょうから、

そう考えると、なかなかな手間と負担がかかってくることになります。

 

また、ここ最近では共働きが当たり前になっていて、

朝はなにかと忙しいことから、

夜に洗濯を回して干すという方が、

非常に多くなっていると思いますが、

この動線だと夜わざわざ外まで干しに行くのは、

けっこうめんどくさいのではないでしょうか?

 

アパートやマンションのように、

リビングからそのまま手を伸ばして干せるのであれば、

夜に干すのもそれほど面倒じゃないと思いますが、

さすがにわざわざ外までいくとなるとね・・・って感じじゃありませんか?

ましてや寒い冬ともなると、めんどくさいの極みですよね・・・

 

以上のようなことから、

弊社では、これらの問題点も解決した動線を

ご提案させていただくようにしています。

つまり、、、

 

 

 

  • 洗濯物を干しやすく取込みやすい動線

 

というわけですね。

弊社では、洗濯物を干すのも数歩でいくことが出来、

そして取込むのも数歩でいくことが出来る、

そんな動線のご提案をさせていただくようにしています。

 

こうすることで、たとえ夜であったとしても、

洗濯物を干す作業がめんどくさくなくなりますし、

また洗濯物を取込みやすい状態にしていると、

旦那さんにも家事を手伝ってもらいやすくなるのではないでしょうか?

 

そして、毎日のことである洗濯という

重労働の手間と負担を大きくカットすることが出来れば、

その分時間的にもゆとりが生まれるでしょうし、

またゆっくり出来る時間が増えれば、

心にもゆとりが生まれることでしょう。

 

それでは、、、