土地購入で思いがけぬ出費を防ぐ方法とは?

土地をすでにお持ちの方は

土地購入について悩まれることがないのでいいのですが、

多くの皆様は土地購入についても

・エリア

・交通の便

・日当たり

・接道

・販売価格

などなど

様々なことで悩まれます。

これらは目に見える情報です。

しかしながら、土地には目に見えない条件が

あることをご存知でしょうか?

土地を購入するにあたり、

注意しておかなければいけない点がいくつかあるのですが、

その1つに”土地購入にかかる全ての費用を把握する”

ということがあります。

 

なぜなら、土地を買うと言っても、

純粋な土地代だけで買うことが出来るわけじゃなく、

それに付随した様々な費用が必要になってくるからです。

 

そして、これは新しく販売された分譲地であろうと、

あるいはそうじゃない土地であろうと例外なく、

全ての土地において、その度合いや項目は違えど、

必要になってくるものです。

 

ですから、契約をする前に、

不動産屋さんからそれらの別途費用についての説明を受け、

理解した上で買う必要があるんですよね。

そうしないと、後から思いがけぬ費用が必要になってしまったでは、

あなた自身が困ってしまうことになるわけですからね。

 

しかし、残念な事実ですが、

適当だったりズボラな不動産屋さんに当たってしまった場合、

調査不足のせいで、後から思いがけぬ費用が

かかってくることがあるんですよね・・・

 

こんにちは。

ティアラの佐野です。

 

以前に、こういうことがありました。

その土地は、市街化調整区域というエリアの土地でした。

土地には、いくつかのエリアが設定されているわけですが、

市街化調整区域を簡単にお伝えすると、

家を建てることを推進された地域ではなく、

むしろ農業をすることを推進された地域のことです。

 

ですから、この地域においては、

田や畑を宅地に変更することが基本出来ません。

(ある特定の特殊な理由に限定されます)

となると、もともと家が建っていた土地か、

あるいは、すでに宅地となっているような

土地を購入するしか方法がない地域なんですよね。

 

そんな地域のある土地を、あるお客さんが購入しようとしました。

そしてその土地は、古くに造成された分譲地で、

売主さんが住んでいた家が建っている土地でした。

 

少し専門的な話になってしまうのですが、

この市街化調整区域においては、

たとえすでに宅地となっている土地であったとしても、

開発許可という許可申請を取得していない土地であれば、

建築確認申請の前に、建築許可(条例宅地)という申請を

出さなければいけません。

そしてその費用には、およそ15万円程度の費用がかかってきます。

 

ですが、市街化調整区域においても、

この建築許可申請が免除される場合があります。

その場合とは、もともと家が建っているところを建て替えする場合であり、

建築確認申請にその古家の固定資産評価証明という書類を添付しつつ、

さらに建築確認申請が受理された後に、

その家の解体を行うようにした場合です。

 

つまり、この土地においては、

土地を引渡するにあたり家が建ったままにしておけば、

お施主さんはこの建築許可申請費用をカットしながら、

家を建てることが出来るようになるというわけなんですよね。

 

ですが、問題はここで起こりました。

というのも、その不動産屋さんが、

土地の契約費用の中にその古屋の解体費用を混ぜ込んだ上に、

ものの見事に引渡前にその古屋を壊してしまったのです。

 

こうなってしまうと、

建築許可申請をしなければ、そしてその費用を負担しなければ、

家を建てることが出来なくなってしまいます。

 

さらに、最悪なことに、

その不動産屋さんが作る重要事項説明書には、

建築許可申請が必要になるということすら、

そして、その別途費用が必要になるということすら、

うたわれていないなんとも杜撰なものでした。

 

これでは、なんのための不動産屋さんなのか、

ってことになってしまいますよね・・・

 

ですが、この話は決して珍しいことでもなんでもなく、

家を建てることについて無知である不動産屋さんにおいては、

このような調査ミスは当たり前にあったりするんですよね・・・

 

ですから、土地を購入するにあたっては、

こういった行き違いが起こらないためにも、

住宅会社に見てもらい調査してもらった上で、

購入されることをオススメします。

 

そうすれば、たとえ不動産屋さんが杜撰であったとしても、

後から無駄な出費に苛まれることもなくなるでしょうし、

土地選びもよりスムーズにいくことになると思います。

 

ということで、

土地選びをする際には、

こういった点にもぜひ注意していただければと思います。

 

それでは、、、