第3の選択肢として・・

 

固定金利を選ぶという選択肢を取ろうとした場合、
前回は、導き出した予算を超えてしまいそうな場合について、
前々回は、予算内で必ずおさめていきたい場合について、
そして、それぞれの具体的な対処法について、
お伝えさせていただいたわけですが、
今回は、第3の手段についてお伝えしたいと思います。

 

おはようございます。
佐野です。

第3の手段は、固定ではなく変動で住宅ローンを借りるという手段です。
ただし、固定と変動のそれぞれの
メリットもデメリットも理解していること、
それから必ず貯金をしていき、
金利変動のリスクに対応出来るようになることが絶対条件です。

 

 

変動金利を選んだ場合、

貸出金利が固定金利に比べると安いというメリットがあります。
ということは、毎月の金利負担が少なくなるので、
同じ返済額から予算を逆算したとしても、
固定に比べると借入出来る金額がグンとアップします。

例えば、固定金利で計算すると2500万円が限界だったのに、
変動金利で計算してみると3000万円もの金額が
同じ返済金額のままで借りることが出来そうだといった感じです。

こうなると、毎月の負担を上げることなく、
より自分たちの要望を満たすことが出来るようになるので、
前回と前々回の良い部分だけをかいつまみつつ
家づくりをしていくことが出来るようになります。

 

 

また、住宅ローンを借りる際に、
銀行に支払わなければいけない初期費用も、
固定金利に比べると驚くほど少なくて済みます。

 

例えば、フラット35では保証料はいらないものの、
融資手数料やつなぎ融資の手数料と金利がかかりますし、
銀行の固定金利であれば、保証料にプラスして
融資手数料がかかってくるので、
いずれにせよ余分な手数料を払わなければいけないわけですが、
変動金利であれば、これらは必要なく、
こういった予算を家づくりに回すことが出来るようになります。
これも変動金利のメリットですね。

でも、変動金利を選んだ場合デメリットとして、
将来の景気によっては金利が上がってしまい、
それに連動して返済負担が上がってしまうかもしれない
というリスクがあります。

 

ですから、前回お伝えしたように
生命保険の見直しを図ることで、
その浮いてきたお金を貯金に回していただくことが条件になってきます。
また『収入ー支出=貯蓄』という習慣が身に付いている方は、
『収入ー貯蓄=支出』という習慣に改めていただく必要もあります。

つまり、変動を選ぶからには、
金利上昇リスクに備えるために、
確実に貯蓄癖をつけていただく必要があるということです。

これが約束出来ない方は、
変動金利は選ばない方が良いと思います。
もし、変動を選び予算をアップさせてしまった上に、
金利が上がってしまったなんてことになれば、
確実に住宅ローンを払うだけで一杯一杯の生活か、
あるいは最悪の場合は払えなくなってしまうなんてことになりますからね。

また、変動を選ぶにしても、変動にも
『変動金利』と『固定金利選択型』の2種類があり、
特に銀行の主力商品である『固定金利選択型』を
選ぶ場合には注意が必要です。

その理由は、一定期間が終了した際には、
景気が良くなっていて金利が上がっているか否かに関わらず、
少なからず確実に金利が上がることになりますし、
変動金利は返済額がアップしたとしても、
その上限額が決められているのに対し、
固定金利選択型は返済額の上限に決まりがないので、
もし景気が良くなり金利が上がってしまうようなことになれば、
底抜けに返済額が上がってしまうというリスクを持っているからです。

 

 

いかがですか?
変動金利を選ぶのってなんとなく怖いなーって感じていただけました?

 

もし、あなたが変動を選ぼうと思っているのならば、
上記の条件は確実に満たしていただければと思います。
そうしないと、確実に将来困ることになりますからね。

若いうちは少しぐらいお金がなくても大丈夫でしょう。
でも年をとり老後になってからお金がないのは、
とってもツラいことではないでしょうか?

ですから、そうならないように、
家づくりの際にはしっかり考えて
住宅ローンを選ぶようにしていただければと思います。

それでは、、、