予算オーバーしそうな時の対処策

せっかく家を建てるんだから、
妥協は出来るだけしたくない・・
おそらく誰もがそう思うことでしょう。

資金計画をせずに家づくりを行った場合は、
限りなく妥協の少ない家づくりが出来ると思いますが、
そのしわ寄せとして、建てた後の暮らしが大変なことになるかもしれません。

ローンの返済に追われたカツカツの生活はもちろんのこと、
そうなってしまった場合、ローン返済のためだけに
仕事をしているような状況に陥りかねませんし、
最悪の場合、せっかく建てた家を手放すことにだってなりかねません・・・

ですから、資金計画を行うことは想像以上に大切なわけですが、
資金計画を行い、そして固定金利を選択しようとした時には、
要望と予算の狭間で葛藤することになります。

 

おはようございます。
佐野です。

前回は、予算を重視した考え方をお伝えしたのですが、
今回は、どうしても資金計画で導き出した予算の中で
家づくりをするのが難しいな〜という場合に、
どのようにすればいいのかについてお伝えしていきたいと思います。

どうしても、導き出した予算の中で
土地を探し思っているような家を建てるのが難しい時には、、、

住宅ローンの借入額を増やさざるを得ません。
つまり毎月の返済金額を上げざるを得ないといういことですね。

そりゃあ、親御さんからの援助や予算オーバーした分だけの
自己資金を投入出来るのであれば、それが一番良いのですが、
ここでは、それがないことを前提としてお話ししていきます。

例えば、資金計画の結果、
あなたが土地と家に費やせる予算が2500万円となったとします。
でも、実在する土地が1000万円が相場で、
建てたいと思っている家が2000万円だとしたら、
500万円の予算オーバーをすることになります。
そして、500万円余分に借入するとしたら、
毎月の返済が15,000円もアップすることになります。

でも、資金計画の際にお伺いさせていただく毎月の返済希望額より
15,000円も返済がアップしてしまったら、やっぱり相当しんどいですよね。
間違いなく、小遣いだったりとか習い事だったりとか
なにかしらにそのしわ寄せがいくことになってしまいますもんね。

 

ですから、こうなってしまった場合には、
『生命保険』を見直すことをオススメしています。

この保険に関してのご説明をしていくと、
とっても長くなるので、その説明は改めてさせていただくとして、
たいていの方が、保険会社の営業スタッフの口車に乗せられて
無駄な保険に加入させられていたりします。

でも、日本は社会保険が非常に充実していたり、
遺族年金があったりするので、
必要以上に生命保険をかける必要がありません。

しかもその上、最大のリスクとなる住宅ローンの
リスクヘッジのために団体信用生命保険という保険にも、
家を建てる時には加入することになりますからね。

 

ですから、家を建てる時には、
生命保険を見直す良い機会なんですよね。
もちろん、予算がおさまらずに困っている方だけじゃなく
予算内で家づくりが出来そうな方も同じです。

もし、無駄な生命保険が15,000円削れたとしましょう、
そうなれば、家づくりで15,000円出費が増えたとしても、
別の出費を15,000円削れたこととになるので、
プラスマイナスゼロになりますよね。

また、予算内で家づくりが出来そうな方であれば、
保険の見直しで浮いてきたお金を別のことに回すことが出来ますよね。

 

 

ということで、予算オーバーしてしまいそうな方はもちろんのこと、
そうじゃない方も家づくりをする時には、
ぜひ生命保険を見直してみていただければと思います。
備え過ぎて保険貧乏にならないように気を付けてください!

それでは、、、