思ったより明るくない家にしないために知っておくべきこと

『明るい家にしたい』というのは、
家を建てる誰もが当たり前に望むことだと思いますが、
意外にも、建った後カーテンを付けてみるとなんだか家の中が暗い・・
昼間なのにライトを付けないと家の中がどんより薄暗い・・
という事実に悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか?

 
こんにちは。
佐野です。

 
昼間の光には、
『直射光』と『天空光』の2種類があります。
直射光とは、その名の通り直射日光のことであり、
東、南、西の壁面に普通に設置した窓から入ってくる光で、
天空光とは、直射日光以外の光のことを指し、
天窓や高窓、そして北の窓などから採り込まれる光です。

 
で、採光つまり部屋を明るくするために日光を採り入れることを
考えた場合、天空光を中心に考えるのが良いと言われています。
なんせ直射光は天候に左右されやすいですし、
曇っていても明るいのは、この天空光によるものだからです。

 
また、直射光を採り入れる窓というのは、
隣の家や道路から丸見えになることが多く、
どうしてもカーテンをしてしまうので、
せっかく光を採り入れるために大きな窓をつくったのに、
その窓を自ら閉じてしまうことになります。

 
そうなれば、せっかくの明るさが半減してしまい、
思ったよりも明るくないなということになってしまうし、
風通しという点に関しても、窓が開けられる時間が限られてくるので、
思っていたよりも快適じゃないなということにもなってしまいがちです。

 

 
ですから、この直射光を取り入れるために設置した窓の良さを
最大限に活かすために、ある工夫をすることをオススメしています。
それは、、、

 
『中庭』のような空間を設けるということです。
と言っても、必ずしも思いっきり家の真ん中に中庭を設けるんじゃなくて、
目隠し壁を窓の向こうに作ってあげるだけでも全然違うんですよね。

 
そうすれば、その直射光のための窓が、
天窓や高窓のような天空光を採り入れるための
窓へと生まれ変わります。

 
確かに直射光は、それほど入ってこなくなるでしょう。
ですが、窓の向こうが隣家や道路でなくなりますから、
人目を気にしてカーテンをしなくてよくなります。
そうなればプライバシー性にも優れますから、
リラックスしてリビングで過ごしやすくなります。

 
また、カーテンをしなくていいということは、
天空光を、大きな窓から朝から日が暮れるまで
たっぷりと採り込むことが出来ますし、
ずっと窓を開け放しておけるので、
風だって1日中通すことが出来ます。

 

 
つまり、リビングで過ごしている時の快適性が、
圧倒的に違ってくるというわけなんですよね。
まー、ただその余分なスペースのためのコストが、
掛かってくることにはなるんですけどね(汗)

 
また、高窓もとっても有効です。
高窓には、
✔️部屋全体にまんべんなく明るさをもたらす
✔️落ち着いた明るさをつくる
✔️壁面を有効に使える
✔️夏は上下の気流を起こす
という4つのメリットがあります。

 
ですから、リビングに吹抜けをつくり、
吹き抜けに高窓を設けるというのも、
明るさを確保するという観点で見れば、
先程の『中庭』によく似た効果があるんですよね。

 
ただ単純にリビングの体積が大きくなり、
それだけ冷やしたり暖めたりする空間が広がるわけですから、
断熱性能の強化はそれと同時にした方がいいでしょうけどね。

 

 
以上のように、明るくて風通しがいい家には、
アイデア1つで簡単にすることが出来ます。

 
ただし、その工夫をする場合には、
少なからず建築コストがかさむことになるでしょうから、
資金計画の時点から、その事も視野に入れて、
家づくりの計画を練るようにしていただければと思います。

 

 
ぜひ参考にしてみてください!
同時にプライバシー性もグンとアップするはずですから!!
それでは、、、