意外に難しい窓の設計

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近は、以前に比べて窓が小さくなってきつつありますが、
昔から、日本の家は比較的窓が大きいのが特徴であり、
やはり家を建てるなら、窓を大きくしたいと思っている方が、
たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

 

とはいえ、やみくもに窓を大きくすれば、
熱が最も逃げていきやすいのが窓ですから、
とっても寒い家になってしまいますし、
また、大きな窓をとればとるほど
それだけ人目にも触れることになるので、
とっても暮らしにくくなってしまうかもしれません・・・

ですから、暮らしやすい家にするためには、
どのように『窓』をとっていくのかが、
非常に大切な要素となります。

 

こんにちは。
佐野です。

 

それぐらい家づくりにおいて大切な要素なのである窓なのですが、
今日は『窓』に関してのちょっとした“豆知識”について、
お伝えしていきたいと思います。

日本の家は窓が大きいのが特徴であるとお伝えしましたが、
それとは逆に、西洋の家は窓が小さいのが特徴です。
そして、これには2つの理由が存在します。

 

 

まず1つ目の理由は、、、

『気候』の違いです。

ご存知のように日本の夏は“高温多湿”な気候なので、
現在に比べて遥かに断熱性能が低かった昔は、
風通しが良くないと、とっても暮らしにくかったからです。

 

一方、西洋の夏は“高温多湿”じゃないので、
採光と換気のために充分な大きさがあれば充分だと言われています。
ですから、日本のように風通しに配慮しなくても良いわけなんですよね。

 

そして、2つ目の理由は『建築様式』の違いです。

日本建築では、建物を支えるのは『柱』と『梁』です。
今でこそ、壁も囲いだけじゃなく建物を支える役割を担ってきていますが、
昔は、囲いとしての役割しか持っていませんでした。
ですから、昔の日本建築には壁という壁が全くなく、
『ふすま』や『障子』、『戸』がその代わりをしているようなイメージです。

 

 

これに対して、西洋建築の壁は、
建物の中と外を遮断する役割の他に、
建物を支えるという大きな役割を担っています。
ですから、そもそも窓を大きく開けることが出来ませんでした。

 

 

以上の2つの理由から、
日本の家と西洋の家では、窓の大きさが大きく異なっていました。

 

実際、言葉の意味から考えても、
日本の『窓』と西洋の『窓(ウインドー)』とは、
発想が全く違います。

日本の窓の語源は『間戸』で、
これは『ふすま』や『障子』を意味し、
柱と柱との間を一間(約1.8m)としたわけで、
現在僕たちが『窓』と言ってるのは、この変形で、
壁と壁の間全体が開口の『間戸』のことなんですよね。

一方、英語のウインドー(window)は、
wind(風)+ow(目)であるように、
風穴、風の目という程度の大きさしか意味ぜず、
同じ窓でも、日本と西洋ではそもそもの考え方が全然違うんですよね。

 

 

まー、今ではすっかり家の性能自体がグンとアップしたため、
気候にそこまで左右されずに家が建てられるようになってきたので、
昔に比べると、大きな窓をそんなにとらなくてもよくなりました。

 

とはいえ、やはり高温多湿の日本ですから、
風通しの良さは、今でも暮らしやすさには欠かせない要素です。
また、同時に日光を家の中にたっぷりと採り込むことだって、
暮らしやすさには欠かせない要素ですし、
なにより、日光と風を取り入れながらも、
いかにプライバシー性に配慮出来るのか?が、
暮らしやすさを追求した設計をするためには最重要項目となってきます。

 

 

ということで、
これから家づくりをされるあなたは、
明るさ、風通し、プライバシー、
この3拍子をしっかり兼ね備えた住まいを
目指していっていただければと思います!

それでは、、、