2016年4月から始まった『電力の自由化』をご存知ですか?

おはようございます。
佐野です。

 

もうすでにご存知の方もいらっしゃるでしょうし、
まだご存じじゃない方もいらっしゃると思いますが、
去年の4月から『電力小売りの全面自由化』が始まりました。

 

これは要約してお伝えすると、
サービス内容や価格を吟味したうえで、
電力会社を自由に選ぶことが出来るというものなのですが、
今回は、電力自由化によって何が変わるのか?
それから、そのメリットとデメリットについてお伝えしたいと思います。

 

 

まず、電力の自由化には、
1.発電の自由化、2.電力小売りの自由化、3.送・配電の自由化
の3つの自由化があるのですが、僕たちの生活に大きな影響を与えていくのが、
2の電力小売りの自由化です。

 

これまでは、静岡に住む僕たちは、
当然のごとく中部電力から電気を買っていましたし、
東京に住む人なら東京電力、
大阪に住む人なら関西電力、
と地域ごとに設立された電力会社からしか
電気を買うことは出来ませんでした。

 

ですが、自由化をした後というのは、
携帯電話のように、複数の事業者が提供する
料金のプランや契約メニューの中から、
自分に最適なもの自由に選ぶことが出来るようになります。

 

 

でも、新しいことを試みれば、
必ずメリットもあればデメリットもあるわけで、
まずは、そのメリットからお伝えしたいと思います。

 

やはり、電力自由化の最大のメリットと言えば、
各社の電気料金プランを比較し、
自分のライフスタイルに合った電力会社を自由に選べることです。
従来の電力会社にはなかった全く新しいプランが
続々と登場するでしょうからね。

 

例えば、通信会社であれば、
携帯電話やインターネット回線とセットになった電気料金プラン、
電機メーカーであれば、太陽光発電や家庭用充電装置と
セットの電気料金プランなど、各社が自社の得意とする分野と
電気料金を組み合わせたユニークなプランが考えられますし、

 

日経新聞によると、
中部電力が家電量販店大手のエディオンと提携したり、
東京電力とソフトバンクが提携したり、
楽天が丸紅と提携したり、
JX日鉱日石エネルギーがKDDIと提携したりと、
異業種同士が連携し、料金やサービスの魅力を高める方向で
進んでいるようなんですよね。

 

 

また、とにかく安い電気を大量に使いたいだとか、
太陽光発電や風力発電といった
自然エネルギーで発電した電気だけを使いたいといった風な、
多様化する個人のニーズに細やかに対応出来るプランも
登場していくことになるだろうと言われています。

 

さらに、電力事業へ参入が増えることで競争が活性化し、
電気料金が下がるとも言われています。
もしそうなれば、ホントに素晴らしいことなのですが、
日本に先立って電力自由化をしている諸外国では、
全く電気料金は下がっておらず、
逆に上がってしまっているという現実があります。

 

もちろん、日本だってそうなる可能性の方が充分高いんですよね・・・
ということで、次回は電力自由化がもたらすかもしれない
2つのデメリットについてお伝えしていきたいと思います。

 

 

それでは、、、