地震保険には入るべきなのか?

通常、保険というものは、
必要な保障額を十分に買うことが出来る商品です。
つまり、お金さえ支払えば、
自分が望む充分な保障が手に入るということです。
しかし、たった一つだけ
この常識が当てはまらない保険商品が存在します。
おはようございます。
佐野です。
それは『地震保険』です。
地震保険には限度があり、
日本ではセットとして販売される火災保険金額の
最大50%までしか加入出来ません。
例えば、あなたが建てる家が2000万円だとして、
2000万円の火災保険に加入したとしたら、
地震保険は、その半分の1000万円までしか入れないということです。
こうなれば、仮にあなたが建てた家が地震で全壊する・・
あるいは、津波で流されてしまう・・
あるいは、地震によって起こった火災で全焼する・・
といったことが起こってしまったとしても1000万円しか払ってもらえず、
その時点であなたの住宅ローンが1500万円残っているとしたならば、
500万円の残債だけが残ってしまうということになってしまいます。
しかも、肝心要の火災保険においては、
地震が免責となっているので、
火災保険の方からは一円も保険金が支払われません・・・
つまり火災保険と地震保険に入っていたとしても、
完全に地震へのリスクヘッジをすることは不可能だってことなんですよね。

 
そう考えると、地震保険なんて入っても無駄なんじゃ?
って思ってしまうかもしれないですし、
入ったほうがイイのか、そうじゃないのかについては、
ホント数多くの方が悩むポイントなので
ここからは地震保険について、もう少し詳しくお伝えしたいと思います。

 

 

地震保険に対する基礎知識をご存知ですか?
おそらく家を建てる誰もが、
地震保険には関心が高いと思いますが、
意外にも勘違いされている方が多いので、
まずは大切なポイントをお伝えしたいと思います。
1.地震保険は単独では加入出来ません!
地震保険は火災保険に付帯して任意で加入することが出来る保険です。
2.地震保険の金額には上限があり、
火災保険の30%~50%の範囲内で自由に決められます。
(さらに、建物は5000万円、家財は1000万円までという上限もあります)
3.どこの保険会社でも地震保険商品に変わりありません!
つまり商品性も保険料も、どちらも同じだということです。
4.もし地震が実際の起こった場合、支払われる保険金額は、
実際の損害額がそのまま補てんされるわけじゃなく、
『全壊』・『半壊』・『一部損壊』の3段階の査定によって支払われます。
5.そして『全壊』なら保障額の100%、『半壊』なら保障額の50%、
『一部損壊』なら保障額の5%、といった保険金が支払われることになります。
以上の5つが地震保険に加入する場合に知っておくべき知識です。
これをもとに地震保険に入るかどうかを検討していくことになるのですが、
保障額は制限されているし、また保険料も決して安くありませんから、
加入するかどうかに関して言うと、ホント難しい問題なんですよね・・・

 
地震保険には入るべきか?どうなのか?
繰り返しますが、先程もお伝えした通り、
地震保険に入っていたとしても失った家を、
保険で建てなおすことは出来ません。
ですから、あくまで地震保険に関しては、
生活再建のための当面の資金を準備するための保険であることを
しっかりと理解していただく必要があります。
そして、それを理解したうえで選んでいただければと思います。

 
最後に私自身の考え方をお伝えします。
それは、“住宅ローンの返済に目途が立つまでは
地震保険に加入しておく”という考え方です。
そう考えれば、家を建てた後でも貯金をしっかりと行い、
貯金でいつでも住宅ローンの残債がゼロに出来るようになったなら、
その時点で地震保険を払わなくてよくなりまし、
貯金が出来ていかない限りは、
地震保険に入り続けたほうが良いということになります。
ベストではないにしても、
なかなかベターな考え方だと個人的には思います。
難しい問題ですが、大切なことですから、
しっかりとご夫婦で相談してみてください!

 
それでは、、