フラット35にしかない保険とは?

住宅ローンを借りる時、
民間の金融機関では金利の中に、
『団体信用生命保険』と呼ばれる
生命保険の支払額が含まれていますし、
フラット35を選ぶ場合でも、
任意ではありますが、『機構団信特約制度』というものがあり、
金利とは別途で生命保険を掛けることが出来ます。

 
この通称『団信』と呼ばれる生命保険は、
ご加入者に万一のことがあった場合、
住宅の持ち分や返済割合にかかわらず、
残りの住宅ローンが全額弁済される保険制度なのですが、
とっても大切なことなので、
しっかりとご理解いただければと思います。

 
こんにちは!!
佐野です。
今回は、前回の続きというか
補足的なことをお伝えしたいと思います。

 
前回ご紹介したローンは、ご夫婦で申し込み、
それぞれが持ち分を持つ場合、
それぞれが『主債務者』になるという商品だったのですが、
これはあまり一般的ではなく、
一般的には、それぞれが持ち分を持つ場合というのは、
片方が『主債務者』で、もう片方が『連帯債務者』という形をとります。

 

 
この場合、気を付けなければいけないポイントがあります。
それは、、、

 

たいていの場合、連帯債務者には
団体信用生命保険はかかっていないということです。
つまり、ガッツリ収入合算した連帯債務者に、
生命保険がかかっていないということなんですよね。

 

確かに、連帯債務者にも万一のことがあった時には、
生活費、保険料、食費、車の維持費、などなど出費は減ります。
しかし、当てにしていた収入がなくなってしまうわけですし、
ましてや、お子さんが仕事をされる年齢になっていればいいものの、
まだ学生であったならば、年々出費はかさんでいくばかりですし、
大学入学となれば大きなお金が必要になってきます。

 

 
となれば、ガッツリ収入合算をしているにもかかわらず
連帯債務者にも万一のことがあったら・・
なんて考えると、やや不安になってきませんか?

 
ですから、金利の高低や借り入れ条件はもちろんのこと、
同時にそんなことも考えながら住宅ローンを
選ばなければいけないわけですが、
もしあなたが固定金利を選ぼうと思っているならば、
ものすごく良いというわけではないかもしれませんが、
フラット35には、その不安を解消する商品があります。

 

 
それは、『デュエット』と言われる夫婦連生の団体信用生命保険です。

 
これなら、1人分の約1.56倍の保険料で、
連帯債務2人分の保証が受けられるようになります。
つまり、主債務者に万一のことがあったとしても、
あるいは、連帯債務者に万一のことがあったとしても、
いずれの場合にも、住宅の持ち分や返済額にかかわらず
残りの住宅ローンが全額免除になるということです。

 
とはいえ、何事にも一長一短があるように、
このデュエットにした場合、
もちろん少しばかり年間の保険支払金額は高くなります。
ですから、その分、現在お入りの無駄な生命保険は
確実に見直したほうがイイでしょう。

 
でも、これを選んでおけば、
パートナーに万一のことがあったら・・
という不安は確実に払拭されると思います。

 

 
ということで、住宅ローンを選ぶにあたり、
収入合算で考えていらっしゃるならば、
団体信用生命保険のことまでしっかり考えた上で、
選択するようにしていただければと思います。

 

 
それでは、、、