資金計画から始める家づくりとは?

『いやー、これで自分たちの予算が分かったんで、
家づくりが現実的にものになりましたよー!』

 

『色んなコトが明確になったんで、
モヤモヤしていたものがなくなって、
ようやく家づくりが具体的に進められるようになりました!』

 

資金計画をすると、
ほぼ全ての方にこう言っていただけるのですが、
すなわちこれが資金計画をする意味なんですよね。

 

 

こんにちは。
佐野です。

 

しかし、資金計画をする際には、
決して背伸びしたような計画、
つまり自分たちの身の丈に合っていない
後の生活に支障が出るような計画は絶対に行わないので、
多くの方が、家づくりに費やせる予算というものは
思った以上に少ないという現実を目の当たりにすることになります。

 

土地を親から譲り受けたり、
親が土地を買ってくれたり、
貯金がたくさんあったり、
親からの援助がたくさんあったり、
収入がめちゃくちゃ高かったり、
という方であれば、家に存分に予算を費やすことが出来ますが、

 

その逆である土地も自分たちで買って、
親からの援助も期待出来なくて、
貯金もそこそこで、収入も平均的で、
(もちろんこの状況の方が圧倒的に多いのですが)
という方は、その限られた予算の中で
最大限に夢を叶えていくために、
家づくりに対する思い込みや
『みんなと同じように』という気持ちを
消さなければいけなくなります。

 

 

例えば、土地探しではこういうことです。

 

通常、いい土地と言われているような、
日当たりが良さそうで、道路も広く、環境が良さそうで、
土地の形も良くて、学校が近くて・・という
誰が見ても心トキメクような土地を買いたい・・
と誰もが思うことでしょう。

 

でも、そんな土地は決まって高額ですし、
土地に予算を使い過ぎると、
確実に家か後の暮らしのどちらかに
そのしわ寄せが来ることになってしまうので、
現実的に考えると避けざる得なくなります。

 

では、どんな土地を探していくのか?と言うと、
あまり他のみんなが狙わないような土地を狙っていきます。
身近な例で言うと、形の悪い変形地や
日当たりがあまり良くなさそうな土地ですね。

 

 

その理由は、こういった土地というのは、
間違いなく相対的に見ても、
かなり安く価格設定がされているでしょうし、
また、そんな土地はなかなか売れないでしょうから、
値段交渉もしやすかったりするからなんですよね。

 

一見これらの土地はデメリットだらけのように
感じてしまうかもしれませんし、
デメリットと同じくらいメリットが存在したとしても、
ありきたりの設計しかできなければ、
デメリットばかりが目立ってしまう結果になってしまうかもしれません。

 

でも、そんな土地こそ、
本当に暮らしやすかったり、いい間取りが出来たり、
さらにいいデザインの家が出来上がったりするものなんですよね。
つまり、その土地が持つ個性を活かすような設計が出来れば、
よりいい家づくりが実現可能になるということです。

 

 

そのためには設計においても
土地選びと同様に、思い込みや『みんなと同じ』
といった気持ちを消していただくことが大切なんですけどね。

まー、いくら口で説明しても
実例がないと分かりにくいと思いますから、
もっと具体的に知りたいなーという方は、
いつでも気軽にご連絡、ご相談くださいね。

 

 

楽しみにお待ちしておりまーす!!
それでは、、、