車のローンと住宅ローンの関係性

こんにちは。
佐野です。

 
1人1台は車を所有するのがふつーである焼津市では、
『車のローンが残っている』という問題が
家を建てたいと思っている方の前に
立ちはだかるのではないでしょうか?

 
なんせ車は、100万円どころか
2〜300百万円ぐらいする大きな買い物なので、
たいていの方がローンを組んで買うでしょうからね。

 
では、家を建てようと思った時に、
車のローンが残っている場合、
あなたの家づくりにどのように影響してくるのか?
ということについて今日はお伝えしたいと思います。

 

 

車のローンがあると、
住宅ローンの審査に通らないのか?

 

 
まずは、このような疑問をお持ちになるのではないでしょうか?
これに関しては、yesでありnoでもあります。

 
基本的には、車のローンを持っている場合、
完済することを条件として住宅ローンを貸してくれる銀行と
車のローンが残っていても住宅ローンを貸してくれる銀行があります。

 
そして、前者の場合は、
住宅ローンの申込みをするまでに、
車のローンを返済しないといけない場合、
つまり審査すら受け付けてくれない場合と、
車のローンがあっても住宅ローンの審査は受け付けてくれるが、
つなぎ融資の実行までには完済しないといけない場合に分かれます。

 

 
要するに、この2つは返済時期に違いがあるというわけなのですが、
いずれにしても完済することを条件として
住宅ローンを貸してくれるという事実には
なんら変わりがないわけですから、
貯金ががある場合は、そのお金でご返済いただくか、
全く貯金がない場合は、
無駄な保険を解約して捻出するか、あるいは
親御さんから一時的に立替えてもらってでも返済するしかありません・・

 
では、後者の場合にはどうなるのでしょうか?

 
車のローンが残っていても住宅ローンの審査を受け付けてくれる
金融機関の代表として住宅金融支援機構、
商品名で言うと『フラット35』があります。

 
このフラット35の場合、
車のローンがいくら残っているのか?ということを
住宅ローン審査に考慮するのではなく、
車のローンの年間返済額がいくらなのか?ということを
考慮しながら、住宅ローンの借入額が妥当かどうかを判断していきます。

 

 
つまり、あなたの車のローン残高が100万円だろうが
あるいは300万円だろうが、年間で50万円返しているのなら、
住宅ローンの借り入れ額に与える影響は同じだということですね。

 
それでは、少し具体的にお伝えします。
フラット35では、年収400万円を境にして少し扱いが変わってくるので、
2パターンお伝えすることにしますね。

 
まずは、あなたの年収が360万円だと仮定して見ていきましょう。
この場合、フラット35が見なすあなたの年間返済限度額は、
360万円✖️30%=108万円ということになるのですが、
もしあなたの車のローンの年間返済額が36万円(毎月3万円)だとしたら、
あなたが住宅ローンとして年間で返済出来る金額は、
108万円―36万円=72万円ということになります。

 
ですから、あなたが毎月払える金額は、
72万円÷12ヶ月=6万円ということになり、
6万円から逆算した金額なら、
車のローンがあっても貸してくれるということなります。

 

 
では、続いては年収が400万円を超えてくる場合は
一体どうなるのでしょうか?

 
仮にあなたの年収が480万円だったとしましょう。
すると、フラット35が見なすあなたの年間返済限度額は、
480万円✖️35%ということになり、
年間返済限度額は168万円になります。

 
そしてあなたが年間48万円(月4万円)の車のローンを持っているとしたら、
168万円―48万円=120万円が、あなたが年間で返済出来る限度額となります。
つまり毎月4万円もの車のローンがありながらも、
毎月10万円もの返済が出来ると見なしてくれるということになります。

 
これらをまとめると、
車のローンを持っている場合でも、
年収によって左右はされるものの、
たいていの場合収入金額に見合った現実的な金額は貸してくれます。

 

 
ですから、車のローンあるから一概に
住宅ローンは無理というわけではありませんし、
むしろ借入限度額の幅が広すぎるあまりに、
住宅ローンを借り過ぎてしまう傾向があるのが
フラット35の落とし穴でもあります。

 

 
ということで、
家づくりをする時には、
車の返済があろうがなかろうが、
よーく建てた後の生活のことを考えたうえで、
家づくりに掛ける総予算を導き出していただければと思います。

 
それでは、、、