あなたは生命保険をよく理解していますか?

銀行が取り扱う住宅ローンとフラット35には、
いくつか違いがありますが、
そのうちの1つに、
『生命保険料が金利に含まれているかどうか?』があります。

 

つまり、銀行の住宅ローンには基本的に
“団体信用生命保険”といわれる
掛け捨ての生命保険料が含まれているのに対し、
フラット35の金利の中には、その保険料は含まれていないということです。

 

 

こんにちは。
佐野です。最近雨が続きますね。早くカラっと晴れてくれると気分も上がります。

 

ですから、フラット35を選ぶ時には、
2つの選択肢のどちらかを選ぶことになります。

 

1つは、フラット35を取り扱う住宅金融支援機構が準備してくれている
“団体信用生命保険”に入るという選択肢であり、
もう1つは、どこかの生命保険会社で
その代わりとなる保険に入ったり、
現在掛けている生命保険を見直したりするということです。

 

もう1つ、そのどちらでもないという選択肢もありますが、
あなたにもしもの時があった時のことを考えると、
それは賢明な選択とは言えないので、
この選択肢はあらかじめ外しておくことにしますね。

 

 

で、ここまでのご説明でお分かりいただけたと思いますが、
家を建てるとなると、1つ余分な生命保険に加入することになります。
つまり、家を建てようとしている大部分の方が、
今加入している生命保険を見直すべき時期であるということになります。

 

 

多くの方が、自分が加入している生命保険について
あまり具体的に理解ができていません。
変な言い方ですが、きちんとした親御さんなら
あなたが学生を卒業すると同時に
最低限の生命保険を掛けてくれているかもしれませんが、
そうじゃない場合は、結婚した時に責任の1つとして入るようにしたか、
あるいは、友人や知人に保険会社に勤めに行き出した方がいて、
その付き合いでよく分からないまま入っている
というのが多いのではないでしょうか?

 

 

また、子供が生まれれば、
ご飯を食べた後に歯磨きをするかのごとく
当たり前のように『学資保険』に入っている方が多いのではないでしょうか?

 

さらに、もしあなたが心配性であるならば、
もしものことを考えすぎるあまりに、
多額な保険料を払いすぎて、保険貧乏に陥っている・・
なんてことも考えられるのではないでしょうか?

 

家を建てる時には、
出来ることならば、それらがあなたにとって適切なものなのかどうか?
も、考え直してみるいい機会だと思います。

 

あまり、こういうことを考えるのはいいことではないかもしれませんが、
家を建てた後、あなたにもしものことがあった場合を考えてみると、
こういうことになります。

 

 

まずは、団体信用生命保険に加入すれば、
住宅ローンは、全てちゃらになります。
また、あなたが持っていた車はいらなくなりますし、
あなたに掛かっていた経費、
つまり食費に小遣い、携帯代に生活費などが全くいらなくなります。

その上、あなたの奥さんには遺族年金が入ってきますし、
あなたのお子さんがまだまだ小さいのであれば、
遺族年金の額が上乗せになります。

 

そして、あなたの奥さんが
月15万円程度の仕事に勤めに出たとしたら・・・

 

そうですよね。
毎月の支出が大幅に減り、
収入は減ることになるかもしれませんが、
それでも、奥さんがなんでもいいので働けば
給料と年金で、そこそこの収入が確保出来るわけですから、
もしかしたら今より生活は楽になるかもしれませんよね。

 

 

ですから、家を建てる機会にぜひ保険は
見直すようにしていただければと思います。
心配性の方は、一気に削りすぎることは出来ないかもしれませんが、
保険に入りすぎているならば、いくらかは削っても良いわけですし、
あまりよく分からないまま入っている方は、
それこそ見直すいい機会となるでしょう。
また、これから入ろうという方は、バランスのいい保険に入れるかもしれません。

 

 

ぜひご参考にして、
信頼出来る保険会社の方に相談してみてください。
そして貯蓄機能も備え持った保険を、
賢く上手く利用することも考えてみていただければと思います。

 

 

それでは、、、