収入に対する返済の割合とは?

家づくりでは、収入に対する返済の割合は
20%〜25%ぐらいにしたほうが良いと言われていますが、
それは税金や保険などを引かれる前の金額に対してなのか?
あるいはそれらを引かれた後の金額に対してなのか?
によってずいぶんと違ってきます。

 
こんにちは。
佐野です。

 
もちろん、それらは税金や保険などを引かれた金額、
つまり手取り金額をベースとして考えなければいけません。
しかし、現実的にはそうじゃない方が、
かなりたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
例えば、ご主人の給料が毎月30万円で、
奥さんの給料が毎月15万円という世帯で考えてみると、
トータルの収入金額、
つまり世帯収入は45万円ということになりますが、
これが手取り金額となると、
そこから20%ぐらいが差し引かれることになりますから、
ご主人が25万円で奥さんが12万円ということになってきます。
そうなれば世帯収入は37万円ということになります。

 
仮に収入に対する返済の割合を20%として考えるならば、
45万円の場合なら9万円ということになりますし、
37万円なら7.4万円ということになってくるわけですが、
おそらく9万円というのは、この世帯の場合であれば、
けっこうしんどい出費ではないでしょうか?
ですから、ホントは7万円〜7.5万円ぐらいの支払いをベースとして
借入金額を算出し、その中で家づくりの予算組みをしていく必要があるのですが、
そうなれば、もちろん借入可能額は9万円の場合に比べて遥かに少なくなるわけですし、
ましてや変動や固定金利選択型に比べれば金利が割高である固定金利を
選ぶとなれば、よりいっそう家づくりの予算は減少することになってきます。
おそらく9万円という金額を毎月捻出されるならば、
3000万円を超えてローンを借りることが出来るようになりますが、
7.5万円であればそれよりも500万円ぐらいは借入を減らさなければいけないでしょう。

 
ですが、これが現実的な家づくりではないでしょうか?

 
今は昔のように、どんどん給料が上がっていくような時代じゃないわけですから、
無理な予算を組んでしまった暁には、
苦しい生活だけが待ち受けることになるかもしれません。
また、奥さんが子供を理由に仕事が出来ない状況になってしまうことだって、
可能性としては充分考えられますから、
もしそんなことになってしまえば、
住宅ローンがあなたの肩に重く重くのしかかってくることになります。

 
その上、住宅ローン選びまで間違ってしまっていたとしたら、
数年後、それはあなたに大打撃を与えかねません・・・
ですから、住宅ローン選びを間違えないことはもちろんのこと、
毎月の返済金額も、建てた後の生活のこともしっかり考えた上で、
幾分余裕があるぐらいの金額で考えていただければと思います。

 
まっ、そういったことも含めて家づくりの予算を考えることが、
『資金計画』では最も大切なことなんですけどね。
住宅会社の営業マンの口車に上手く乗せられないように気を付けてください!

 
それでは、、、