平均年収と借入金額

先日、出張時に札幌の社長さんとお話をした際、
その地域ごとの平均収入についてのお話となりました。

全国平均で見てみると平均収入は約400万円なのですが、
これは北斗晶もとあるテレビ番組で、
言ってたこともあるのでご存知の方もあるかと思います。

 

こんにちは。佐野です。

 

家づくりをする時に、
自分たちの収入だと、一体どれくらいの住宅ローンが借りられるのか?
あるいは、返済ベースで考えるとどれくらいの金額を、
住宅ローンとして借りるのが妥当なのか?
というのは誰もが気になることだと思います。

で、一体どれぐらいの住宅ローンが借りられるのか?
について、その目安をお伝えすると、、、

もし仮に、あなたの税込年収が400万円だったとしたら、
民間の銀行であれば、2000万円〜2200万円ぐらいでしょうし、
フラット35であれば、3000万円〜3200万円ぐらいは
借りることが出来ると思います。

また、これに奥さんの収入も合算するならば、
もっともっと借入をすることが出来るようになります。

 

 

でも、共働きがほぼ当たり前となっているここ最近では、
この奥さんの収入がしっかり合算出来るがゆえに、
借りすぎてしまう可能性が高くなります。

例えば、あなたの収入が350万円で、
奥さんの収入が250万円だたっとしたら、
純粋に世帯収入が600万円ということになり、
よってフラット35であれば、
絶対に借りてはいけない金額ですが、
下手をすると5000万円という金額を借りることが出来てしまいます。

 

まーここまでは借りないとしても、
それ以下であればいくらでも借入れ出来てしまうわけですから、
返済ベースで考えれば、
ホントは2500万円ぐらいで抑えた方がいいかもしれないのに、
妥協したくないからと3000万円を超えたような住宅ローンを
組んでしまいがちになってしまうというわけです。

ですから、まずは資金計画をしっかり行わなければいけません。

 

住宅ローンは、あなたが思っている以上に借りられるものです。
そして、それを毎月の返済に分割して考えれば、
500万円も余分に借入れしたとしても、
今の金利だと約15,000円アップするぐらいの計算になります。

 

口の上手な営業マンは、それをさらに日割りして、
1日500円ぐらいだったら、タバコやお酒、あるいは趣味を
少し我慢すれば大丈夫ですよという風にお伝えしてくるでしょう。

そして、一緒に一回の買い物だと訴え、
あなたの『妥協したほうがいいんじゃないのか?』
という気持ちよりも、思い切ることをススメてくるでしょう。

 

 

しっかりと資金計画をして500万円予算を抑える方がいいのか?
あるいは、そこで妥協せずに思い切って500万円予算をアップさせた方がいいのか?
これは、一般的に言うとどっちが正解というものはありません。
それは、それぞれの価値観によるものだからです。

 

でも、もしあなたが不安なく、安心して暮らしていきたいと
お考えであれば、しっかりと資金計画をした上で、
その予算の中で家づくりをされることをオススメいたします。

 

 

それでは、、、