知っていますか?諸費用Ⅱ

 

家づくりでは、本やネットに載っている土地や家の金額以外に、
思っている金額を遥かに凌ぐ費用が必要になってきます。

 

そして、それらの費用の把握の甘さが、
家づくりで予算オーバーして失敗してしまった・・
と後悔する最大の要因と言っても過言ではありません。

 

ですから、家づくりを始める前に、
これらの費用を把握することが大切となります。

 

ひさしぶりとなってしまいました( ^ ^;
佐野です!

 

では、これらの費用を把握していただくために、
前回の続きを今回もお伝えしていきたいと思います。

 

前回は、土地に付随してかかってくるであろう費用について
お伝えさせていただいたので、
今回は、家に付随してかかってくるであろう費用について
お伝えしていきますね。

 

まず、この家の費用というのは、
とっても把握しにくいものであります。
なぜなら、住宅会社によって見積書に含まれる費用の範囲がバラバラだからです。

 

例えば、設計費用や地盤調査費用といった
いわゆる本体費用以外の“付帯費用”まで含んだ金額で、
家の価格を伝えてくれる会社もあれば、
それらの“付帯費用”を全く含んでいない金額でしか
家の価格伝えてくれない会社もあるということです。

 

そして、それらを家づくりに対する知識がない状態で
見極めることは極めて難しいことですから、
ある程度、家がどのような要素で成り立っているのかを
理解していただくことが、
『後で余分な費用が必要になって困った・・』
という最悪の事態を防ぐ上でとっても大切なことであります。

 

では、お伝えしていきますね。

 

✔本体工事費用

これが、基本的に本やネットに載っている家の費用です。
これらの中には、下記に説明するような費用が
入っていない場合がほとんどですから、
坪単価表記や総額表記が驚くほど安かったとしても、
実はふたを開けてみると全然安くなかった・・・
という現実に後ほどぶち当たることになります。
あくまで、家が建つだけの最低費用であり、
これで家が建つわけじゃないので、
安さに騙されて飛びつかないように注意が必要です。
以下“付帯工事費用”を分解してお伝えしていきますが、
住宅会社によって、この付帯費用もどこまで含まれているかが
違ってくるので一つ一つご理解していただければと思います。

 

✔設計費用

プランを作成してもらい、配置図や平面図、立面図、
それから立体パースなどを作成してもらう費用、
そして建築確認申請書類作成費用などの費用です。
確認申請や建築途中&建築終了時の検査時の証紙費用なども、
ここに含まれているケースが多いと思います。
(フラット35を利用する場合は、これと別途で申請費用や、
適合証明書発行手数料などが別途必要になりますし、
市街化調整区域の土地を購入する際には、建築確認申請の前に、
建築許可申請をしなければいけない場合があるので、
その際には別途申請費用が必要になってきます)

 

✔地盤調査&保証費用

家を建てる時には、絶対に地盤調査をしなければいけません。
瑕疵担保保険をかけるための必須項目となっているからです。

 

✔地盤改良費用

地盤調査の結果、地盤に不安がある場合、
深さによって工法は異なりますが、
地盤改良をしなければいけない場合があります。
比較的表層が弱い場合であれば、
表層改良だけで済むので費用負担は少ないですが、
深い部分の地層が弱い場合は杭打ち工事をしなければいけないので、
深さによって費用は異なりますが、
けっこう高額な費用がかかってくるようになるので、
絶対に資金計画には組み込むことをオススメします。

 

✔仮設工事費用

仮設足場、仮囲い、仮設電気、仮設トイレ、仮設水道、
といったような家を建てる工事のために必要となってくる費用です。

 

✔浄化槽工事

下水道が整っていない地域は、
前面道路の側溝に排水を流すようになるのですが、
トイレの汚水やお風呂・洗面・キッチンなどの雑排水を
そのまま流すのでは困るので、一旦敷地内に据えた浄化槽で、
きれいにしてから流すようになります。
その浄化槽を設置するための工事費用です。

 

✔屋外給排水工事費用

水道工事は、家の中と外の両方あるのですが、
家の中の水道工事費用は本体価格に含まれ、
外の水道工事費用は含まれないという、
なんともややこしいルールがあります。
道路までの距離や家の大きさによっても異なります。
また、上水道や下水道の申請費用なども、
別途費用としてかかってくる場合があるので、
住宅会社にキッチリ確認するようにしてください。

 

✔カーテン・照明器具

カーテン費用は、設計する家や窓の取り方によって、
あるいはどこで購入するかによって大きく異なってきますが、
想像以上に高額なので、資金計画に組み込むことを忘れないようにしてください。
また、照明器具も住宅会社によって、
どこまでの範囲が入っていて、どの程度の商品で考えているのか
がバラバラなので、事前に住宅会社に確認しておくことが大切です。
照明器具も選ぶ商品によって金額にバラツキがあるので、
商品を選ぶ時には細心の注意が必要です。

 

✔エクステリア工事費用(外構費)

庭の工事にかかってくる費用です。
これも土地の広さや形状、それから建てる家の大きさやデザイン、
そしてどの程度のご要望をお持ちなのかによって、
ものすごく費用にバラツキがあります。
目安としては、最低限に抑えたい方であれば、
土地の坪数×1万円(税別)ぐらいで大丈夫だと思いますが、
こだわりたいとお考えの方であれば、
土地の坪数×2万円〜3万円(税別)ぐらいは庭代として
予算計上しておくことをオススメします。

 

とまあ、付帯工事費用として
これだけの費用が掛かってくることになります。
これらを合わせていくと数百万円になるので、
これらの費用も含めた上で建てる家の大きさや間取りを
考えていかないと後から大変な目に遭うことになってしまいます・・・

 

また、本体工事に関してですが、
住宅会社によって建てる家の性能であったり、
使う材料であったり、標準としている水回り商品がバラバラだったりします。
ですから、それらをしっかり確認した上で、
資金計画を行い間取りプランしてもらうようにしていただければと思います。

 

では、今回はこれで終わります。
次回は諸経費と呼ばれる費用についてお伝えしていきたいと思います。
どうぞお楽しみに、、、

 

それではまた!