寒くない家にするための秘訣とは?

おはようございます。
佐野です。

 

全国の工務店さん向けのセミナーに講師として、
一昨日は埼玉県、そして昨日は福岡県の博多に
おじゃまさせていただきました!

 

全国どこにおじゃましても、お客様の家づくりを
より良いものにしようとされるその真摯な姿勢に、
私も刺激と感銘を受けます。

 

これからも、よりご満足いただけるお住まいをご提供できるように、
全国の工務店の仲間と共に、精進していこうと改めて心に誓いました!

 

さて、早速ですが、
今回は、前回に引き続き『寒くない家にするための秘訣』について、
お伝えしていきたいと思います。

 

まずその秘訣とは何か?

 

それは『家をコンパクトにする』ということです。

 

4人家族であれば、平屋なら25坪〜28坪ぐらいで、
2階建てなら27〜30坪ぐらいではないでしょうか?

 

多くの方が『そんな広さじゃ狭いらぁ〜』

 

って思われるかもしれませんが(笑)、
上手く設計すれば、これだけの広さが有れば、
それぞれの部屋も充分な広さが確保出来ますし、
広さのイメージとは裏腹に、収納も思っているより
たくさん確保することが出来ます。
でも、実際設計に入るとこれだけの広さで納めることは、
思っている以上に難しいものでもあります。

 

なぜなら、どうせせっかく家を建てるなら
誰もがあれも欲しいこれも欲しいとなってしまうでしょうし、
実際見学してきた家も大きい家が多かったでしょうし、
さらに、親や友人からも大きくした方がいいんじゃないか?
と言われるからです。

 

ですから、この壁をクリアするために、
『資金計画』を最初にすることが大切になってきます。

 

なぜなら『資金計画』を最初にすると、
家に一体どれくらいの予算を費やしていいのか?
が具体的かつ現実的に分かるようになるからです。

 

そして、その現実的な計画をもとに家づくりはしていくべきです。

 

家をコンパクトにすることは、
実はたくさんのメリットが存在します。

 

まず『冷暖房の効きが良くなります。』

 

そしてそうなると『光熱費の出費が確実に少なくなります。』

 

そして『家の中に温度差が出来にくくなり快適に過ごせるようになります。

 

また『家の価格も抑えることが出来るようになります。』

 

そして同時に『固定資産税も抑えることが出来るようになります。』

 

もちろん一番のメリット
『住宅ローンの借入額も減らすことが出来るようになります。』

 

そうしたら当然、
『銀行への利息の支払いも抑えることが出来ます』よね!

 

さらに居住的な観点からお伝えすると、
家事の中で一番大変な『掃除の手間が少なくて済みます』し、
そして面積カットのために使わない無駄な部屋を作らなければ、
『家が傷みにくくもなります。』

 

まぁ、ただ家をコンパクトにするためには、
広さと収納を犠牲にせず、
さらに広い空間に感じられるような工夫をしなければ、
文字通りただ予算をカットしただけの狭くて不便な家になってしまいます。

 

また、老後を迎えた時にとっても暮らしにくい家になってしまいます。

その点だけには注意しなければいけませんが、
家に予算を掛け過ぎることは決して賢明な選択ではないので、
まずは『資金計画』からすること、
そして、その予算の中で出来る家にすること、
この2点を頭に入れつつ家づくりをしていただければと思います。

 

そうすることで、同時に寒くない家にしやすくなるはずですからね。

 

是非参考にしていただければと思います。

 

ではでは(^ ^)/