失敗しない土地選びのヒント

皆さん。

土地探しは順調に進んでいますか?

こんばんは!
佐野です。

今日は、「土地探し」についてお伝えしたいと思います。

一生に一度の家づくりと共に行う
これまた一生に一度の「土地探し」。
子供にとっては、いつでも安心して帰って来られる
安心のふるさとにもなります。

これは探す手にも、
ついつい力が入ってしまいまうよね!
ポータルサイトでも、
土地情報誌をでも、
びっくりするくらいたくさん
土地情報が巷にはあふれているのに、
その中から、なかなか気に入った土地を見つけられず、
何年にも渡って土地を探し続けている方が
数多くいらっしゃいます。

これはなぜでしょうか?

その要因の1つには、
決断力の問題があるかもしれません。

でも、最大の要因は、思い描いているような理想の土地に
巡り会えない、出てこないからだと思います。

なんでそんなことになってしまうのか…。
それをご説明いたしますね。

なかなか土地が見つからない方が
絶対条件として掲げている条件があります。

それは『南側道路の土地がいい』という条件です。

要するに日当たりが良さそうな土地ということです。

これは、土地を買う誰もが「憧れる条件」なのですが、
実際は、そうそう南側道路の土地が、
あるわけではありませんし、
もし新規分譲で、あるいはたまたま出てきたとしても、
その情報は表に出る前に売れてしまっています。

なぜなら、南側道路を狙っている方は、
不動産屋さんに、そういう土地が出てきた時には、
『優先的に教えて欲しい!』とお伝えしていますし、
実際、出た瞬間に即決しているからでしょう。

もし、あなたが自分の望むエリアで、
そういった好条件の土地を買いたいと望むならば、
不動産屋さんに優先的に情報を回してもらえるように
お伝えしておくことをおススメいたします

しかし、それには1つだけ条件があります。
それは『資金計画』を事前にしっかりしておくということです。
これは、土地の購入予算を把握するために必要な事であり、
買っていい予算なのかどうかが分からなければ、
即決なんて当然出来ないからです。

また、もし資金計画を飛ばしてしまった場合には、
思い描いた理想の土地は買えたとしても、
思い描く理想の家を建てる事は出来なくなるかもしれませんし、
そこで強引に理想の家を建てたとしても、
住宅ローンの負担は当然大きくなりますから、
建てた後の暮らしが苦しくなります。

やはり土地探しも『資金計画』はしっかり行う必要があるってことですよね。

ですから、絶対に『資金計画』だけは飛ばさないようにしてくださいね。

でも、その南側道路は本当にいい土地なんでしょうか?

確かに日当たりはいいでしょう。
その反面、それに比例するように価格はとっても高いです。
絶対に売れる土地なので、
そこは不動産屋さんも強気の値段設定をしますよね。
じゃあ、高いお金を出すのはいいとして、
日当たりがよさそうな土地だからといって、
必ずしも日当たりがいい家が建てられるのでしょうか?
ちょっと目をつぶって思い浮かべてみてください・・・

南側に道路の土地。

きっと大きなサッシを設けて
日当たり最高のお家ができますよね!

でも、南側は道路。

たくさんの車や人が通ります。

するとどうでしょう?

自慢の大きなサッシには、
100%真っ白のレースカーテンがされていませんか?
されてますよね?

だって外から丸見えですもんね・・・
そりゃ開けられません。

おそらく一日中そうですし、一年中そうですよね。

これじゃあ、せっかく南に大きな窓をとっても
そのメリットを半減させているようなものになってしまいます。

暗くはないでしょうが、明るい家というわけでもないでしょう。

また、カーテンをしていたら気持ちいい季節に、
窓を開けっ放しにして風をたっぷりと取り込むということも
時間制限を作りながらしなければいけません・・・

せっかく家を建てるんだったら、
家の中にはたっぷりと光を採り込みたいし、
家の中を流れる風を体で感じたいですよね?

実は、これらはどんな土地であっても
設計の工夫次第でどちらも実現可能です。

要するに、どんな土地であっても工夫をすれば
光をたっぷり取り込んだ明るい家にすることができますし、
風の通り道もしっかり確保することもできるってことです。

意外に思われましたか?

これが不動産屋さんには絶対に分からない、
住宅会社ならではの『土地を見る目』です。

ですから、決して『南側道路』にこだわるのはやめてください。
それはこだわるほどのものではないからです。

もし、そのままこだわれば、
いたずらに家づくりにかかる費用が増えるたけで
マイホームを手にする日が
どんどん遠のいていく可能性があります。

そりゃあ、誰しもできれば『南側道路』がいいとは思います。
でも、そうじゃなくても南側道路から得られるであろうメリットと
同じメリットを得ることは、充分可能だということです。

設計という魔法次第で!

ということで、選択肢を非現実的な方向に
縮めていくのはやめましょう!

それが、欲しい時に素早く家づくりを実現し、
経済的にも、気持ち的にもゆとりを持って、
幸せで豊かに笑顔で暮らして行き続ける秘訣です!

それではまた、、、