加入必要?地震保険

東海地震が30年以上前から
騒がれている我が静岡県。

他県よりもいち早く大規模な防災訓練を行い、
建物の強度を計算する係数も、
他県よりも1.2倍に厳しく設定されています。

このように、
他県よりも巨大地震に対する備えが
行き届いているのが静岡県です。

おはようございます。
佐野です。

このような地域に住んでいるからには、
入ることを避けては通れない地震保険。

火災保険に付帯されて加入する地震保険は、
その関心の高さとは裏腹に、
意外にもその内容を知らずに、
または勘違いして入られている方が多く見受けられます。

そこで今回は、
地震保険の基礎を
お伝えしようと思います。

まずは、地震保険を知っていただく、
基礎ポイントから話を進めます。

1.地震保険は火災保険に“付帯”して加入する保険です。
単独では加入出来ません!
そして任意なので、
火災保険と違い、
入らなくても良い保険です。

2.地震保険の金額は、
火災保険の30%~50%の範囲内で、
自由に決めることができます。
(建物は5000万円、家財は1000万円までの上限あり)

3.保険金額は、
実際に被害を被った「損害額」が支払われる訳ではありません。
あくまでも、
“全壊”、“半壊”、“一部損壊”の保険会社による『査定』によって判断され支払われます。

4.査定の結果、
“全壊”の場合は保険額の100%を、
“半壊”の場合は50%を、
“一部損壊”の場合は5%の保険金が支払われます。

5.地震保険の商品は、
どこの保険会社でもあまり変わりはありません!
内容も保険料もほぼ同じです。

上記ポイントを読んでいただくと分かる通り、
地震保険は、掛けているからと言って
いざという時に建て替え費用が出るというものではないありません。
また、火災保険は地震による被害は免責となります。

この辺を思違いされている方がとても多いので注意してくださいね。

地震保険は、
あくまでも通常の生活を取り戻すまでの“一時金”として支払われると認識していただければと思います。

それでは、本日のメインテーマ。
地震保険は加入した方が良いのか、
それとも加入しない方が良いのか…。

建て替えられないなら、
加入しなくても…。
なんて、少し思っちゃうかも(笑)

でも、そんな短絡的に考えてはいけないのが保険の話。

それでは、大切なことなのでもう一度お伝えしますが、
地震保険は建物が全壊したとしても、
建て替えるほどの保険金をもらうことはできませんでしたよね。

それをご理解いただいたうえで、
まずは加入のご検討をしていただければと思います。

そこで最後に、皆さんのご検討材料として私の考えをお伝えさせていただくとすれば、
住宅ローンを完済するまでは、
地震保険に加入しておいくというのはいかがてしょうか。

確かに5年毎、十数万円を支払うのは、
家計にとっては痛手かもしれません…。
でも、必ず起こるであろう地震に備えて、
建て替えは無理であっても保険金をもらえるのはとても助かりますし、
保険金は、震災後の混乱期を乗り切る大きな支えになることは間違いありません。

それなので、
完済するまでに震災後の生活を再建するのに必要な貯金を作り、
完済後は地震保険の更新を止めてしまう。

ベストなアイデアではないかもしれませんが、
実情を考えるとベターではあるのかなとは思います。

難しい問題ではありますが、
ご夫婦でご検討いただければ幸いです。

それではまた・・・。